体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スペイン聖地巡礼って?よくわかる巡礼路とそこへ行くべき理由

Photo credit: bluecatproject via flickr cc

Photo credit: bluecatproject via flickr cc

こんにちは。TRiPORTライターのkiemiです。
みなさんは世界遺産の道、カミーノ・デ・サンティアゴをご存知ですか?
キリスト教の聖地の一つ、サンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れるこの巡礼路が、近年注目を浴びています。
カミーノ・デ・サンティアゴとは何か、どんな楽しみがあるのかご紹介します。

スペイン巡礼 カミーノ・デ・サンティアゴとは?

スペイン語で、カミーノは道、サンティアゴはイエスの弟子、聖ヤコブのこと。スペイン北西部に位置するガリシア州の州都、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(以下サンティアゴ)は、聖ヤコブの遺骸が眠るといわれる大聖堂のある街で、エルサレム、ローマに並ぶキリスト教三大聖地(*1)の一つとされています。
つまり、カミーノ・デ・サンティアゴとは、このサンティアゴの大聖堂を目指す巡礼路のことを指すのです。

Photo credit: Keita「サンテイァゴデコンポステーラへの道」

Photo credit: Keita「サンティアゴデコンポステーラへの道

巡礼路はどこ?

目指す場所は一つでも、聖地へ至る道はたくさんあります。
最も代表的なのは、フランスとの国境の町を出発し、スペイン北部を歩く「フランス人の道」。全長約800キロ、1日に20〜30キロ歩いて約1ヶ月の道のりです。このフランス人の道に繋がる道がフランス国内にたくさんある他、スペイン国内には「北の道」や「銀の道」、リスボンから出発する「ポルトガルの道」などがあり、いろんなところから出発できます。ヨーロッパの巡礼者の中には、はるばる自国の自宅から出発する人もいます。

Photo credit: Tomoyasu Ishii「【500キロ徒歩】サンチャゴ巡礼の旅(前編)」

Photo credit: Tomoyasu Ishii「【500キロ徒歩】サンチャゴ巡礼の旅(前編)

時間がなくてもできる?

800キロと聞いて落胆する必要はありません!
サンティアゴまでの最後の区間を、徒歩であれば100キロ、自転車であれば200キロ踏破すれば巡礼として認められます。
また、滞在日数に合わせて好きな所から始められ、自由に中止・再開できるのも、この巡礼路の魅力。例えば、800キロの道のりを複数回に分けて歩くことも可能です。
学生なら長期休暇に全部歩いてもいいし、忙しい社会人でも10日ほど休みが取れれば巡礼できるわけです。

どんな所に泊まるの?

巡礼路上の各町には「アルベルゲ」と呼ばれる巡礼者のための宿があります。公営と私営があり、ドミトリータイプの公営宿なら1泊5〜10ユーロほど。キッチンで自炊もできるので、低予算で歩きたい人も安心です。教会や修道院が運営する寄付制のアルベルゲもあります。
その他にもホテルやペンション、パラドール(*2)もあり、予算に合わせていろんな滞在が楽しめます。
ほとんどの宿にはwifiが完備されているので、日常から完全分断される武者修行のような巡礼をイメージしていた人には朗報ですね。

Photo credit: Tomoyasu Ishii「【500キロ徒歩】サンチャゴ巡礼の旅(前編)」

Photo credit: Tomoyasu Ishii「【500キロ徒歩】サンチャゴ巡礼の旅(前編)

巡礼ってなにをするの?

出発地の観光案内所などで、巡礼者の証明書となる「クレデンシャル」(巡礼手帳)を手に入れたら、あとは黄色い矢印や道標に従い、歩くだけ。
宿を朝出発し、お昼過ぎには次の町の宿にチェックインするというのが基本スタイルです。この時、立ち寄ったスポットや宿で、先ほどのクレデンシャルに忘れずにスタンプをもらいましょう。
体を動かし疲れて眠る日々の気持ち良さから、心もデトックスされていくという声が多く聞かれます。

Photo credit: Sakiko Tsuji「Buen Camino!!!」
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。