ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitter乗っ取り、ホントにあるの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝起きたら、友達から「どうしたの?」と心配するメッセージが。Twitterを確認したら……なんじゃこりゃ!? 私のアカウントでとんでもないことがツイートされているではないか!

そんなTwitterアカウントの乗っ取りが、最近ちまたで頻繁に起きているようだ。有名芸能人や大手企業がアカウントを乗っ取られ、メディアに「◯◯さん(◯◯社)がTwitterでとんでもない発言をして炎上!」なんて報道されることも。困った事態を引き起こすTwitter乗っ取りって、ホントなの? どうして起きるの?

あの手この手のTwitter乗っ取り

Twitterのアカウントが乗っ取られる原因や手口は、たとえば、以下4つが考えられる。

■Twitterサイトを装った偽サイトへの誘導

ダイレクトメッセージに、Twitterの本サイトであることを装ったページのURLを送り、アカウントのIDやパスワードを入力させる。

■外部アプリケーションでアプリ連携認証

悪意ある外部サービスが、アプリ連携認証などで入手した情報を悪用する。

■別のインターネットサービスで情報を盗まれた

盗まれた情報が、Twitterのアカウント情報と同一。また、誕生日などプロフィール情報を通じて、パスワードが見破られる。

■パソコンやネットワークから襲い掛かるウイルス

自身のパソコン上のウイルスやマルウエアによって、パスワードが収集される。または、パソコンを接続するネットワークそのものが乗っ取られている。


朝起きてツイッターを見たら、自分がスゴいことつぶやいているかも

Twitter以外に、Facebookなども外部アプリケーションのログイン認証や、友達申請を通じたアカウント乗っ取りが報告されている。同姓同名の友達から申請が来ても注意が必要だ。

乗っ取り対処法:まずは基本対策をしっかりと

乗っ取り対策は、常日頃から行うことができる。パスワードやパソコンのスキャンはもちろんのこと、ログイン認証もオススメだ。これは、アカウントに登録した携帯電話の番号にプッシュ通知を送り、ログインを二重にチェックできるため、不正ログイン対策に有効だ。

すぐできる乗っ取り対策

・数字や英語の小文字・大文字を組み合わせて、複雑なパスワードに変更

・定期的なウイルス・マルウエア対策のスキャン

・アカウントに携帯電話の番号を登録して、二重のログイン認証にする。

それでもアカウントを乗っ取られたら?

ちょっとした油断で、もしアカウントを乗っ取られてしまったら、まずは以下3つを実行しよう。基本的なことであるが、重要な対策だ。また乗っ取られた状態でツイートされた不適切なツイートは、あなたの友人・知人が乗っ取りの手口に誘導されないように、できるだけすべて削除を。

・パスワードを変える。

・外部認証アプリは、信用できるもの以外、すべて解除。

・被害拡大を防ぐために、乗っ取られたことをフォロワーに知らせる。


Twitter公式サイトでも、アカウント乗っ取りに関して注意を呼びかけている

今後、さらに新手の手口でアカウント情報の盗みが横行するだろう。「怪しいな!」と思ったら、くれぐれも手を出さないように。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP