ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyがポケットサイズのプロジェクターを開発可能にするレーザー走査方式ピコプロジェクターモジュールを開発、将来のXperiaにも搭載?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony が、スマートフォンやタブレットに搭載することも可能と思われる小型のピコプロジェクターモジュール「CXN0102 / CXN0103」を開発したことを発表していました。これは、ピコプロジェクターを部品化したもので、Wi-Fi やバッテリーなどの他の部品と組み合わせることで、ポケットサイズのプロジェクターを開発できると言われています。Xperia 用の純正アクセサリーとかではありません。Sony のピコプロジェクターモジュールはレーザー走査方式を採用しており、映像を HD 解像度で投映できるほか、スクリーンとの距離や角度に関係なく焦点の合うフォーカスフリーを実現しています。また、スクリーンとの距離 1m で 40 インチ大、3m で 120 インチ大で投映できるとされています。今後は、Sony のモジュールを採用し、ポケットプロジェクターなのに従来よりも高画質で、フォーカスの調整に手間もかからないものが出てくるものと予想されます。Source : Sony

■関連記事
Wikipediaの公式Androidアプリにリンク先の概要をポップアップブラウザで表示する新機能が追加
ハイスペックなMotorola Bounceは米国ではDroid Turbo 2としてVerizonが独占販売
Android M Preview版にあったシステムUIの「ダーク」オプションは正式リリース版では実装されない

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP