ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【保存版】就活の面接で絶対に聞いてはいけないNGワード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、こんにちは。人事部長のそめひこです。最近よく食べるガムは「同僚のツベルクリン良平の机の上に置いてあるガム」です。

LIGにジョインしてから正確には数えていませんが、100を軽く超える方々と面接をさせていただきました。その中で、リクルーターとして動くことで見えてきた「面接でこれだけは言ってはいけない」というNGワードについてお話させていただきます。「面接でなかなか前に進めない……」という方にとって参考になれば幸いです。

結論「面接でNGワードなんて、ひとつもない」

はい、ということで1つもないです。1つも、ないです。このことをどうしても書きたかったため、タイトルで釣るような真似を行いました。申し訳ございません。

というのも、「就活でこうすれば受かる!」だとか「面接NGワード集!」だとかのいわゆる「攻略法」的なコンテンツや書籍が世の中に溢れるのを見て、「本質とズレているな」と思うことが多々あるのです。どうしても、このズレに対する違和感をみなさんに伝えたく、聞いてもらいたいと思っております。

そもそも、面接とはなんなのか

リクルーターとしてリクルーティングをしていくと分かるのですが、結局、企業は欲しい人材を獲得するために動きます。そりゃそうです、欲しくない人材を獲得する余裕なんてどこにもありませんから。

では、欲しい人材を獲得する際にリクルーターが行っていることは何なのかというと、「欲しい人材像と求職者がマッチしているかどうかを見極める」ということです。

例えば、弊社で編集者がほしいとなった場合、

企業カラーに合うか
配属されるチームのカラーに合うか
求めているレベルの編集スキルをもっているか
考えかたに共感してもらえるか
待遇面に納得してもらえるか

など、他にもありますが、一例としては上記のようなポイントを見極めていきます。なぜ、そんなことをするのかといえば、単純に「お互いが不幸にならないため」です。

例えば、企業カラーやチームカラーが求職者に合わないとなれば、企業にとっても求職者にとってもやりづらいでしょう。また、スキルレベルが合わなければ、企業には教育コストがかかりますし、求職者にも多大な負担がかかります。

つまり、ここでお伝えしておきたいのが、「企業だけではなく求職者も、双方が不幸にならないために見極めている」ということです。

「面接に受かるためのマニュアル」こそが不幸を生んでいる

世の中に出回っている面接攻略関連のコンテンツは、そもそも上記のようなマッチングの考えかたと相反するものです。本当にその人が企業に合っているのかどうかを見極める際に邪魔なフィルターになってしまいます。結果として、企業にとっても求職者にとっても不幸なマッチングが生まれることになるのです。

もちろん、それらのフィルターを通り抜けて、求職者を見極めるのがリクルーターの仕事だとも言えるでしょう。わたしも、そのように考えています。

ただ、それでもなぜか悲しくなってしまうのは事実です。特に、面接マニュアルの影響が大きいケースが見受けられる、新卒のリクルーティングを行う際には。

「採用されなくて困っている」という不安要素やニーズをビジネスチャンスとして考え、「面接合格マニュアル」といった切り口で市場を拡大していくというのは仕方がないことでもあります。ただ、やっぱり「本質からズレている」と思うのです。それって、企業にとっても求職者にとっても不幸なことじゃないですか?

半袖半パン便所サンダルでリクルーティングを行っていた意味

7月・8月にリクルーターとして面接に臨む際の姿は、恥ずかしながら半袖半パンに便所サンダルでした。特に小汚い格好をしようと思っていたわけではなく、「飾らずに普段の自分を見てもらおう」という意図によるものです。(つまり、いつも基本的に半袖半パン便所サンダルなんです……)

その格好を見て「なんだ、この面接官は……!」と思われたら、おそらく企業カラーがマッチしないのでしょう。逆に「自由でいいなー」とか「色々な人がいるなー」と思ってもらえたら企業カラーに合うだろうと判断しています。弊社には、昔から大事にしてきた「多様性を許容する」という文化がカラーとして存在しているからです。

相手がスキルの高い有望な人材だったとしても、半袖半パン便所サンダルで面接に臨みます。それで弊社に来てもらえなくなったとしても全然かまいません。リクルーターの目的は、マッチングを見極めることにあるわけですから。お互いが不幸にならないようにするためならば、どんなことでもやっていきます。

マニュアルに頼らず、自然体の姿を見せてほしい

もちろん、最低限のマナーや礼儀などは必要になりますが、面接合格マニュアルといった類のものは無視してしまって問題ありません。

ぜひ、自然体で面接に臨み、思っていることをそのまま伝えることを重視していただきたいです。それで行きたかった企業に入れなかったとしても、「相性が合わなかっただけ」と考えて、次に進みましょう。

ただ、自然体を見せるということと、何も考えずに行くということは同じではありません。たとえば、あなたが「話すことが苦手」だとしたら、面接でそのまま「苦手です」と伝えることもいいでしょう。しかしながら、話すことが苦手だからこそ面接当日にしっかりと話せるように一生懸命に練習するという姿勢は、大切にしなければなりません。

わたしたちもリクルーターとして、どうしても来てもらいたい人がいて、その人の心が揺れているときなどは、飲みの席や面談の機会を設けます。わたしたちの企業で働くことがその人にとっても、自分たちにとっても幸せなことだと信じているからです。

ただ、その際にもお互いがお互いの姿を誇張したりはせず、飾らないスタイルでマッチングを見極めていくことができたら本望です。そして、そのような採用活動が世の中に溢れてくれたらとも思っています。

もし、この記事を「就活の面接で絶対に聞いてはいけないNGワード」を知るために開いたという方がおられましたら、そんな情報を探すのはもうやめて、自然体の姿を堂々と表現していっていただけたら嬉しいです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP