ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

慢性病・気管支喘息の根本治療を計るダニアレルゲン免疫治療

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 気管支喘息は、気道に炎症が起こり、咳や喘鳴(ぜんめい)、呼吸困難などの症状が出る慢性病だ。日本人の発症原因は、家ダニアレルギーが70~80%と最も多い。1990年代半ばまでは、喘息による死亡者が年間約数千人もいたが、吸入ステロイドの登場で急減した。

 しかし、その後の大規模な臨床研究で、吸入ステロイドは優れた対症療法薬だが、止めると症状がぶり返すことが報告された。そして、ついに今年、根本治療のダニアレルゲン免疫療法薬が保険承認された。

 埼玉医科大学病院アレルギーセンターのセンター長・永田真教授に話を聞いた。

「アレルゲン免疫療法は、欧米では以前から広く行なわれています。日本はアレルギー専門医育成が遅れ、治療できる専門医が少ないことも導入が遅くなった原因の一つです。ダニアレルゲン皮下注射薬が臨床で使えるようになった今年は、日本における免疫療法元年といえます」

 気管支喘息の治療には、濃度の低いダニアレルゲンを週に1~2回、量を増やしながら、約半年間で20~30回注射する。効き目が出る維持量まで達したら、月に1回の注射で3年以上を目安に継続する。注射により、アレルギー反応を抑える制御性T細胞を活性化させ、IgE抗体の働きを妨げる阻止抗体IgG4抗体が産生されて体質改善する。

 現実には約半年間、毎週通い続けるのが難しい患者も多いので、この施設ではラッシュ法(急速飽和法)を行なっている。5泊6日の入院で徐々に濃度を上げながら、1日数回注射するもので、入院後、すみやかに効果が現われる。退院後は毎月1回、維持注射を継続する。治療導入期間を短縮するだけでなく、確実に高い効果が得られる。

 この治療を行なうと70~80%で症状が緩和するなど、何らかの改善がみられ、約30%の患者は薬から解放されている。

「効果が出ないのは、喫煙者や自宅で犬や猫のペットを飼っていて、それらの抗体ができている方などです。アレルギー性気管支喘息は、放置すると気管支が硬く細くなり、肺機能が低下します。このような症例も効果が落ちます。なので、発症からできるだけ早く治療を始めることができれば、より効果の高い治療結果を得られます」(永田教授)

 ダニアレルゲン治療薬は、気管支喘息だけでなく、ダニが原因のアレルギー性鼻炎や結膜炎にも効果がある。また、喘息は、年数が経過するとダニだけでなく、スギ花粉や真菌(カビ)類、動物、各種の食物など、アレルゲンが増えていく。免疫療法は、これらの新規のアレルゲン増加を抑制する効果も報告されている。

 なお、本年中にダニアレルゲンの舌下錠(ぜつかじょう)が発売される見込みだが、こちらは鼻炎だけで、残念ながら気管支喘息の適用はない。アレルゲン免疫療法は、アナフィラキシー(アレルギー性ショック)のリスクもあるので、必ずアレルギー専門医のもとで治療を受けることが肝心だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スギ花粉のエキスを舌下に入れる免疫療法 今春から保険適用
WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌下減感作療法」
梅雨の季節からのケア 菌だけでなくダニ増殖への対策も重要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP