ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さま初参加 皇族が唯一選挙を行う「皇族議員選挙」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋篠宮家の長男・悠仁さまの9才の誕生日を2日後に控えた9月4日、4年に1度の「皇族議員選挙」が行われた。皇太子ご夫妻をはじめ、秋篠宮ご夫妻、三笠宮ご夫妻など“選挙権”を持つ成年皇族方が次々に“投票所”である皇居内の宮殿を訪ねられた。その中には昨年成人を迎えられ、「選挙」に初参加の佳子さまの姿もあった。「皇族議員」は定数2名。それではその「皇族議員」が参加される「皇室会議」とは──。

 皇室会議のメンバーは、2名の皇族議員に加え、首相や衆参両院議長、宮内庁長官など計10名からなる。議題に上るのは、皇族男子の結婚や皇位継承順位の変更など皇室運営の重要事項だ。

「皇族議員選挙には17名の全成年皇族が参加され、それぞれが4名の名前を記入する『互選』の形式で行われます。一般の選挙権を持たない皇族方にとっては『選挙』を行う唯一の機会です。今回はイギリス留学中の秋篠宮家の長女・眞子さまら3名が欠席されましたが、参加できないかたは、郵送で不在者投票を行われました」(宮内庁関係者)

 今回の「選挙」では秋篠宮さまと常陸宮妃華子さまが選出され、さらにお2人が皇室会議を欠席する場合に備え、常陸宮さまと秋篠宮妃紀子さまが予備議員に選ばれた。

 歴史をひもとくと、皇室会議はこれまでに全部で7回開かれている。第1回の会議は1947年10月のこと。GHQの措置を受け、11宮家51人の皇籍離脱が決定された。以降の6回で話し合われたのはすべて皇族男子のご結婚に関するもので、「お妃さまの審議」がテーマとなった。

「直近の皇室会議は1993年1月に行われ、皇太子さまと雅子さまのご結婚が決定されました。当時の宮沢喜一首相が召集したのですが、会議では宮内庁長官が交際の経緯や、雅子さまの生い立ちや経歴、人柄などを説明しました。可決には過半数の賛成が必要となりますが、質疑応答もなく、会議開始からわずか19分後には、全会一致で正式決定されました」(ベテラン皇室記者)

※女性セブン2015年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佳子さまの服装問題 父・秋篠宮さまは理解示し口に出されず
佳子さまの公務 今後は都内の音楽・美術鑑賞など芸術部門か
皇太子家の敷地は秋篠宮邸の3.8倍で居宅の部屋数は2倍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP