ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不眠の救世主?心地よいノイズで眠気を誘う「SNOOZ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中で、 睡眠障害を抱える人が増えている現在。薬も耳栓も使わず、心地よく眠りを誘うホワイトノイズガジェット「SNOOZ」が注目されている。

Kickstarter では10万ドルの資金調達目標に対して、すでに約9万ドルが集まっている。

・ファンが奏でるホワイトノイズ

「SNOOZ」は、寝室の外からの漏れてくる雑音を中和し、内臓のファンが奏でる優しいホワイトノイズで睡眠を助ける、ポータブル・サウンド・コンディショナーだ。

ホワイトノイズとは、全ての周波数で同じ強度になるノイズのこと。その一定の法則で流れる音は、心地よい眠りを誘うという。

スマホアプリでもおなじみだが、実際のファンから流れる音は自然で心地よいそうだ。

・スマホ経由で調節可能

本体側で音量とトーンを調整できる他、専用アプリから回線速度を変更し、ボリュームの上げ下げも可能だ。

2.5インチの小さめ設計ながら、アプリでは真似のできない良い音を約束する「SNOOZ」。

今なら 先行発売価格の59ドルで予約ができる。(日本への送料は15ドル)小型化やアプリの充実など、今後の発展が楽しみな商品だ。

 SNOOZ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。