ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんでヤセないの!? それは「ミトコンドリア」が弱っているからかも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ダイエットを頑張っているのに、なかなかヤセない!」と悩んでる人はいませんか?
食事制限やウォーキング、筋トレにマッサージなど、やれることはやっているはずなのに、なぜか成果がでない……。
それはもしかしたら、あなたの中にある「ミトコンドリア」が弱っているせいかもしれないんです。

ダイエットの味方「ミトコンドリア」

そもそも「ミトコンドリア」という言葉を覚えていますか? 多くの人は、高校の生物の時間に習ったのではないでしょうか。 
ミトコンドリアとは、ほとんどすべての生物の細胞に存在していて、体内でエネルギーを生産する器官のこと。私たちはそのエネルギーによって、体温を保ったり、運動したりしているんです。
そして、このエネルギーが増えれば増えるほど、基礎代謝はあがっていき、カロリーを消費してくれます。
つまり、ミトコンドリアがしっかり活動していれば、ヤセやすい身体が手に入るんです。

ミトコンドリアの減少は加齢と生活習慣が原因

ミトコンドリアがヤセやすい身体を作ってくれるなら、すぐにでも活性化させて、ダイエットを成功させたいところ。
でもじつは、ミトコンドリアは加齢とともに数が減り、機能も低下してしまうんです。それによって代謝が落ちて、老けやすくなってしまうんです。逆にミトコンドリアがたくさんあり、しっかり機能している人は年齢を重ねても若々しくいられるのです。
しかし加齢だけに限らず、生活が不規則だと、たとえ歳が若くてもミトコンドリアは減ってしまいます
次のチェックポイントでひとつでも当てはまるものがある人は、要注意。ヤセにくく太りやすい傾向が強いでしょう。

□運動不足
□お腹が空く前に食べている
□甘いものや炭水化物をたくさん食べている
□ストレスをためている
□食事のバランスが悪い

ミトコンドリアを増やすには

加齢と乱れた生活習慣によって減ってしまったミトコンドリアは、もうどうにもできないのでしょうか。
いいえ、じつは今からでも増やすことができるんです! 
ミトコンドリアを増やし、代謝のよい身体をつくりやすくする3つの方法をご紹介します。

運動をして身体を温める

ミトコンドリアは、体温が上がると活性化するもの。そこで運動をして身体を温めることが、ミトコンドリアの増殖につながります。

背筋を伸ばす

ミトコンドリアは主に筋肉のなかに含まれています。とくに、姿勢を保つための筋肉である背筋に多く存在しているとか。そこで、いつも背筋をピンと伸ばして背筋を鍛えると、ミトコンドリアを増やすことができるんです。

食事は腹七分目

摂取カロリーを減らすことで、ミトコンドリアが増えやすくなるのだそう。ただし、おにぎりだけ、パンだけという偏った食事内容では、ミトコンドリアは増えません。
そこで、野菜をたくさんとるようにしましょう。多くの野菜に含まれている「カリウム」という成分が、エネルギーを作るのにとても重要で、それによってミトコンドリアが増えるからです。
また、ミトコンドリアには脂肪を燃やす効果があることも、ダイエットにはうれしいポイント。

ミトコンドリアを意識した生活を

身体を温め、適度に運動をして、野菜中心の食事を腹七分目食べる。ダイエットをしている人にとってはごく当たり前のことのように思えますが、しっかり実践できている人は意外と少ないのではないでしょうか。
ミトコンドリアを増やす生活を意識して、いつまでも若々しく、そしてスリムでいたいものですね。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
つけるだけであか抜ける、この秋はゴールドヘアアクセに夢中
優柔不断ちゃんにつきまとう恋愛の悩み
メガネをかけているときこそ、メイクをさぼるべからず

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP