ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

買い物タイプ・目的・エリア別!香港・マカオのショッピングモール25選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Ryo Kaga「3.5連休で行く弾丸アジア、香港マカオの街歩き

TRiPORTライターのさとりんです。
香港に旅行に行くとき、あなたは何を楽しみに行きますか?
観光地巡り?グルメ?エステ?おしゃれ女子なら絶対にはずせないのが、なんといってもショッピング!わたしもお買い物が大好きです。ただ見ているだけでも楽しいショッピング。天気が悪い日でも、ショッピングセンターやモールなどに行けば、お天気に関係なく楽しめる場所なのが嬉しいですよね。香港では、ものによっては日本で買うよりもお安くゲットできちゃうものがあるので、思い切ってお買い物を楽しんじゃいましょう。
ここでは、あなたが東京でよく遊びに行くスポット別に、あなたにあった香港のショッピングモールをご紹介したいと思います。

【あなたのタイプチェック】
タイプ:A
きれいめでエレガントなタイプ
よく行く場所:銀座、表参道、六本木

タイプ:B
都会的で華やかなタイプ
よく行く場所:新宿、恵比寿、横浜、自由ヶ丘

タイプ:C
カジュアルで自由なタイプ
よく行く場所:渋谷、原宿、お台場、池袋

尖沙咀エリア

1. カントン・ロード(タイプ:A,B,C)

Photo credit: Soham Banerjee via flickr cc

ホテルや高級ブランド店がたくさん並んでいる通りで、一日かけても周りつくせません! そしてヨーロッパを感じさせる街並みがとてもおしゃれなので、写真を撮る人も多いですよ。劇場やコンサートホールもあります。
また、ハイブランドだけではなく、韓国のコスメショップや激安のコスメショップのお店も並んでいるので、見つけてみてください。

カントン・ロード/Canton road/廣東道
住所:Canton Road, Tsim Sha Tsui

2. ハーバーシティー(タイプ:A,B,C)

Photo credit: Tim Wang via flickr cc

香港最大のショッピングモールです。九龍の尖沙咀の広東道沿いにずっと続いていて、3つのホテルに、オフィスも4軒も入っているぐらい、とにかくひたすらに大きいショッピングモールです。「スター・アネックス@スターハウス」「マルコポーロ香港ホテルアーケード」「オーシャンターミナル」「オーシャンセンター」「ゲートウェイ・アーケード」という5つのエリアに分かれていて、ショッピングスペースの敷地だけでも約20万㎡で、店舗数も700以上入っています!
ショッピングスポットを転々とする時間がない方や面倒だと思う人向け!下記にエリア別の特徴をまとめましたので、こちらを参考にしながら巡れば一通りのショッピングを済ませてしまうことができちゃいますよ。

スター・アネックス@スターハウス(タイプ:A,B,C)
電化製品、パソコン、カメラなど

マルコポーロ香港ホテルアーケード(タイプ:A,B)
メンズ、レディースファッション、家具、宝石貴金属、カフェ、映画館など

オーシャンターミナル(タイプ:B,C)
キッズやベビー用品、スポーツ用品、ヤングカジュアル、雑貨など

オーシャンセンター(タイプ:A,B)
高級ブランドショップ、電化製品など

ゲートウェイ・アーケード(タイプ:A,B,C)
高級ブランドショップ、カジュアルブランドなど

ハーバーシティー/Harbour City/海港城
住所:3-27 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
電話番号:2118-8666
営業時間:10:00~22:00(お店によって異なる)
定休日:なし
アクセス:MTR尖沙咀駅で下車。L出口から繋がる「サンアーケード」から地上に出る。広東道を渡わたって徒歩約1分
ホームページ:http://www.harbourcity.com.hk/

3. 1881 HERITAGE(タイプ:A)

Photo credit: Megumi Grande Wada「ぶらぶら散歩in香港

歴史的建造物をそのまま利用して作られた複合施設です。「旧九龍消防局」「旧九龍消防局の寄宿舎」「時間球塔」「香港警隊前水警総部」「馬舎」の5つの建物から構成されていて、現在、「香港警隊前水警総部」は5つ星のホテルに、「馬舎」はホテルのレストランに、「旧九龍消防局」「旧九龍消防局の寄宿舎」には高級ブランドのファッションやアクセサリーショップが、そして「時間球塔」は展示場になっています。
他にも煤氣燈や炮台も見どころです
入口にはドアマンが立っていて、ドアの開閉をしてくれますよ。
買い物をしなくても、観光スポットとして、美しい歴史的建造物を観に訪れてはいかがですか?

1881 HERITAGE
住所:No.2A, Canton Rd, Tsim Sha Tsui
電話番号:2926-8000
営業時間:12:00-20:00(お店によって異なる)
アクセス:MTR尖沙咀駅で下車。L6出口を出てすぐ。
ホームページ:http://www.1881heritage.com

4. サンアーケード(タイプ:B,C)

小規模なショッピングモールではありますが、免税店があり、日本人に人気のあるファッションブランドや、馴染み深い和民やバーガーキングやスタバなどが入っています。また、香港土産で人気の「agnis b DELICES」のチョコレートも売っているので、小休止がてら、ふらっと立ち寄ってみてください。

サンアーケード/The Sun Arcade/新太陽廣場
住所:28 Canton Rd, Tsui Sha Tsui, KLN
電話番号:2735-8702
アクセス:MTR荃湾線 尖沙咀駅下車。地下で直結。
ホームページ:http://www.thesunarcade.com.hk/

5. シルバーコート(タイプ:B,C)

Photo credit: coffeebugg via flickr cc

シルバーコートの一番の特徴は、建物の中心部分の吹き抜けです。
地下2階には、大きなフードコートがあり、台湾、韓国、日本、ベトナム、シンガポール、タイ、点心など、種類もたくさんあります。座席もたくさんあるので、座れないという心配はしなくて大丈夫です。
香港で人気の雑貨屋さんの「G.O.D」や、香港のセレクトショップの「another」、香港のメンズブランドの「5cm」「izzue」など、香港ならではの買いものを楽しむことができるスポットでもあります。
その他にもアクセサリー、眼鏡、時計ショップやカジュアルファッションブランド、レストランなどがあります。ここのレストランにも日本のチェーン店がたくさん入っています。

シルバーコート/Silvercord/新港中心
住所:30 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
営業時間:11:00〜22:00
アクセス:徒歩約3分。MTR尖沙咀駅、下車。A出口をでて海防道をまっすぐ進み、突当り左角。

6. Tギャラリア香港 尖沙咀東店(タイプ:A,B,(C))

高級ブランドアイテムと香港のお土産を買える免税店。
有名一流ブランドのコスメ、ファッション、バッグ、アクセサリー、高級時計のショップが多数入っています。そして、Tギャラリア香港 尖沙咀東店の一番のポイントであるお土産コーナーは、コスメと同じ階にあります。このお土産コーナーは、種類も豊富で、フードやお菓子、お茶、キーホルダー、絵葉書、ペニンシュラのチョコも置いてあります。なので、土産探しに、是非立ち寄ってみてください。
高級ブランドと一緒に、お土産まで見れてしまうのが嬉しいですね。
正面口にはインフォメーションセンターもあり、日本語が話せるスタッフもいるので、安心して買い物ができますよ。

Tギャラリア香港 尖沙咀東店/T GALLERIA HONG KONG, TSIM SHA TSUI EAST
住所:G/F, Chinachem Golden Plaza, 77 Mody Rd, Tsimshatsui East, Kowloon
電話番号:2732-5229
営業時間:10:00~22:00Tギャラリア香港 カントン·ロード/T GALLERIA HONG KONG, CANTON ROAD
住所:28 Canton Rd, Tsim Sha Tsui
電話番号:2302-6600
営業時間:10:00~23:00
アクセス:MTR尖沙咀駅で下車。L5出口からサンプラザの地上にあがってすぐ。

7. ザ・ペニンシュラ・アーケード(タイプ:A,B)

Photo credit: むむころ「食に夜景に!香港満喫旅

香港のラグジュアリーホテル「ザ・ペニンシュラ・ホンコン」の中にある、ザ・ペニンシュラ・アーケード。高級ブランドのブティックや、シルクやカシミアなどの専門店があり、特に宝石のお店が充実しています。香港のデザイナーの「Astria by Alice Chan」や「The Peninsula Boutique」なども入っていますよ。入っているお店の数は約80店と、他の大型のショッピングモールに比べると規模は小さめですが、ここではずせないのがケーキとマンゴープリンとチョコレート!お値段は少し高めですが、香港のお土産としてペニンシュラのチョコレートと紅茶を買えば、喜んでもらえること間違いなしですよ。

ザ・ペニンシュラ・アーケード/The Peninsula Arcade
住所:The Penincula Hong Kong, Salisbury Road, Tsim Sha Tsui,
電話番号:852-29202888
アクセス:MTR尖沙咀駅で下車。L3出口を出てすぐ。
ホームページ:http://www.peninsula.com

8. K11(タイプ:A,B,C)

Photo Credit: ayhc via Compfight cc

K11のコンセプトは「アート・ナチュラル・カルチャー」のコラボレーション。そのコンセプト通り、K11には至る所にオブジェやアート作品が置かれています。また、植物も多く飾られ、水の音や鳥の声などをいれて森の中にいるような演出が施され、さまざまなデザイナーによる最先端のブティックが集められています。
特設展示もあるので、その時にしかみられないアートに出会えるかもしれませんよ。アート作品を見て周るだけでも楽しいので、美術館に行くような感覚で、是非立ち寄ってみましょう。

K11
住所:18 Hanoi Rd, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
電話番号:3118-8070
アクセス:MTR尖沙咀駅下車。N4出口から直結

9. エレメンツ(タイプ:A,B,C)

Photo Credit: dcmaster via Compfight cc

モールの総面積、90,000平方メートル!とにかく巨大なショッピングモールです。2階建て構造で、ショッピングエリアは1・2階。屋上にはガーデンがあります。
そしてこのショッピングモールの特徴の一つは、風水の5行である「金、木、水、火、土」の要素(エレメンツ)に分かれていること。
「金」は高級ファッション、レストラン。「木」は美容、健康、ヘルスケア。「水」はグルメ。「火」はエンターテイメント。「土」はカジュアルファッション。
有名高級ブランドのすべて入っているのではないかと思わせるぐらいの店舗数と広さです。けれど、休めるスペースもあちらこちらにたくさんあるので、付き添いのショッピングでも疲れずに待っていられそうです。
特にビューティー、コスメなど美容関係のショップや香港初上陸のお店が充実しています。
また、総面積は900平方メートルの広さをもつ本屋「Metro Books(メトロブックス)」があり、世界各地から集められた洋書や専門書などがあります。読書スペースもあるので、ショッピングの休憩ついでに寄ってみてはいかがですか?

エレメンツ/Elements/圓方
住所:1 Austin Road West, Tsim Sha Tsui, Kowloon
電話番号:2735-5234
営業時間:10:00〜22:00
ロッカー:あり
アクセス:エアポートエクスプレス線/東涌線九龍駅直結

 

「エレメンツ」行き 無料シャトルバス情報

紅磡(ホンハム)発
乗り場:カリフォルニアフィットネスセンターの裏口斜め前
運行時間:毎日11:30〜20:30の間、毎時00分、30分発
尖沙咀発
乗り場:シルバーコードショッピングセンターの向い側
運行時間:毎日11:30〜20:30の間間毎時00分、20分、40分発
九龍塘発
乗り場:KCR駅多福道出口。耀中国際学校の近く
運行時間:毎日11:30〜20:30の間毎時00分、30分発
何文田発
乗り場:柯打老道豪華酒楼の向い側
運行時間:土・日・祝11:30〜20:30の間毎時00分発

(注:モールから各所へ戻る復路シャトルバスはありません。)

 

旺角エリア

10. ランガム・プレイス(タイプ:B,C)

Photo Credit: dcmaster via Compfight cc

旺角エリアのランドマーク的存在のランガム・プレイスは、若者向けのファッションブランドがたくさん入っている大型商業施設です。映画館やカラオケも入っていますし、お手頃なレストランがたくさん入っているところも、若者には嬉しいスポットですよね。香港一長い室内用のエスカレーターと、8階から12階まではくるくる周りながら、お買い物を楽しめるように螺旋状になっているのが特徴。

ランガム・プレイス(朗豪坊)/Langham Place
住所:Langham Place, 8 Argyle Street, Mongkok, Hong Kong
電話番号:3520-2800
営業時間:11:00~23:00、バー:~翌1:00
(注:お店によって若干異なります。)
アクセス:MTR荃湾線“旺角”駅下車、C3出口すぐ

11. 家楽坊(タイプ:B,C)

韓国や日本で人気のファッションが集まっているのが、家楽坊。ショッピングスペースは1・2階だけですが、そこには100件以上のお店が入っています。ひとつひとつのお店はそんなに大きくない分、お店ごとに個性を出してアピールするために、インテリアなどが凝っているお店が多いので、それを楽しむのもおもしろいと思いますよ。
リーズナブルな値段なのが嬉しい、若者には嬉しい特に女子向けのショッピングスポットです。

家楽坊/Gala Place/家樂坊
住所:56 Dundas St, Mong Kok
電話番号:2879-0222
アクセス:徒歩約5分
MTR油麻地駅で下車。A2出口を出て、ネイザンロードを北に進み、2番目の角を右折。そのまままっすぐ行くと右手に見える。

12. トレンディー・ゾーン(タイプ:C,(B))

Photo credit: Shugo Nozaki via flickr cc

香港のトレンドのアイテムがギュッと詰まったショッピングモール。ひとつひとつのショップは小さいけれど、お店の中は、洋服はもちろん雑貨やアクセサリー、キャラクター雑貨がたくさん入っています。
そして、トレンディー・ゾーンでは、メンズアイテムが多いのも特徴です。
ここに行けば香港のトレンドがわかるかもしれないですよ。

トレンディー・ゾーン/Trendy Zone/潮流特區
住所:Chau Dai Fuk Comertial Centre, 580A, Nathen Rd, Mong Kok
電話番号:2136-0070
アクセス:徒歩約5分。
MTR油麻地駅で下車。A2出口を出て北へ進み、2つ目の角を右手すぐ。

13. MOCO 新世紀広場(タイプ:B,C)

Photo credit: WhyKenFotos via Compfight cc

香港の若者向けのショッピングセンター。地元のブランドが多く入っています。最上階まで繋がる吹き抜けは開放感があり、おしゃれなデザインになっています。また、わかりやすい案内表示がいたるところにあるので、迷うこともないでしょう。
エスカレーターも分散してあり、各階にとまるものと2フロアをスキップするエスカレーターなどがあり、エスカレータあたりでの混雑の緩和をしてくれます。
MOCOの一番の売りは飲食施設の充実です。フードコートやカフェはもちろん、人気のレストランがたくさん入っていて、バラエティも豊富です。食事をするためだけにこのショッピングセンターに来る人もいるくらいです。
ファッション面でも一流ブランドのブティックやコスメ、OLさんをターゲットにしたファションブランド、カジュアルブランド、子供向けのショップ、スポーツウェアなどが入っていて、エンターテイメント面では映画やカラオケが入っているなど、なんでも揃っています。
MOCOはロイヤルプラザホテルや旺角東駅にも直結しているので、雨の日でも濡れることなく、お散歩を楽しめます。

MOCO 新世紀広場/MOCO Grand Century Place
住所:193, Prince Edward Rd West, Mong Kok, KLN
電話番号:2397-0790
営業時間:10:00〜22:00(お店によって違います)
ロッカー:あり
1時間ごとの料金:小型2HK$、中型3HK$、大型5HK$
アクセス:旺角駅からは陸橋を渡ってすぐ。MTRの旺角東駅にも直結。
ホームページ:www.moko.com.hk

中環・金鐘エリア

14. ザ・ランドマーク(タイプ:A)

Photo credit: See-ming Lee via flickr cc

高級ブランド店でのお買い物や、セレブリティ気分を味わいたいたければ、是非、ザ・ランドマークに行ってみてください。ここで女子に嬉しいのが、ショッピング・グルメに加えてスパがあること。
ザ・ランドマークには高級店が数多く並び、ロンドンの百貨店のHARVEY NICHOLSや、輸入食材やオーガニック商品を扱う高級スーパー、スリーシックスティーも入っています。またグルメでは、フレンチ界で有名のジョエル・ロブションがプロデュースするレストラン「L’ATELIER de Joel Robuchon」が入っていますよ。お値段は高めですが、ランチだったら手がだせそうです。その他にもル・サロン・ドゥ・ティー&ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロフションという有名なカフェがあります。
そしてスパは、ザ・ランドマーク・マンダリンオリエンタルホテル内にあるザ・オリエンタル・スパ。トリートメントの1時間前からリラックスできるスペースを使用することができるので、少し早目に行って、至極の時間をたっぷり味わえますよ。

ザ・ランドマーク/The Landmark/置地廣場
住所:15 Queen’s Road Hong Kong China
電話番号:2842-8428
営業時間:10:00~(お店によって異なります)
ショッピングエリアよりも上の階はオフィスがはいっているため、他のショッピングモールに比べると、閉店時間が早めです。
アクセス:MTR港島線中環(セントラル)駅下車。G出口直結
ホームページ:http://www.mandarinoriental.co.jp

15. IFCモール(タイプ:A,B,C)

Photo credit: Ikkoshi Ota「香港100万$の夜景と高級リゾートStanleyへ

香港駅の真上のウォーターフロントに建つIFCビル。One IFCとTwo IFCの間にあり、Two IFCの高さは88階建ての420m。香港のなかでも代表的な高層ビルの1つです。
名前がIFC(International Finance Centre)なだけあって、中には銀行や金融関係などの会社が入ったオフィスビルです。そんなIFCモールの中にある高級ショッピングモールには、高級ショッピングモールの代名詞のイギリス系デパートのLane Crowfordも入ってます。ショッピングモールは広々としていて高級感も漂い、とてもきれいです。ビクトリア湾が目の前に広がる景色もきれいですよ。
1階には、シティ・スーパーやお花屋さん、ペーパーアイテム、カフェなど、気軽に覗いてみることができるお店が並んでいます。
長州島行きのフェリーターミナルや、尖沙咀に行くスターフェリーの埠頭も近く、香港駅には航空会社のチェックイン・カウンターがあるなど、いろんな公共の交通便がとてもいいです。

IFCモール/IFC MAL/国際金融中心商場
住所:8 Finance Street, Central, Hong Kong
電話番号:2295-3308
アクセス:香港駅下車。A出口でてすぐ。
ホームページ:http://www.ifc.com.hk/

16. パンパシフィックプレイス(タイプ:A,B,C)

Photo credit: ThisParticularGreg via flickr cc

パンパシフィックには「香港西武」をはじめ、高級ブランドや有名ブランド入ったデパートが3つ入っていますが、その他にも若者向けのショップが約160店もあり、5つ星ホテルが3つあり、銀行なども入った複合施設です。高級ブランドからカジュアルなショップまで幅広いブティックショップ、食事も高級レストランからフードコートまでいろいろと楽しむことができ、いろんなニーズにこたえてくれるショッピングスポットです。
また、ここには香港の最高級映画館「AMC パシフィック プレイス」も入っています。

≪詳細≫
パンパシフィックプレイス/Pacific Place/太古廣場
住所:88 Queensway, Admiralty, Hong Kong
電話番号:2844-8988
営業時間:10:00〜20:00
アクセス:徒歩約3分。
MTR港島・荃灣線、金鐘(アドミラリティ)駅下車。J出口の地下道を通ってすぐ。
ホームページ:http://www.pacificplace.com.hk/

銅鑼湾エリア

17. タイムズ・スクエア(タイプ:A,B)

Photo credit: dcmaster via Compfight cc

銅鑼湾のシンボルになっているタイムズ・スクエアは、46階と39階建てのツインタワーです。
地下にはアクセサリー、メガネ、コスメなどの雑貨とレストランや軽食、フードコート、そして外国の食材が揃ったスーパーなどがあります。
地上階にはハイブランドも入っていますが、ZARAなどといったカジュアルめのブランドやスポーツブランドが入っていたり、男女一緒にみれるショップも多いので、デートで一緒に買い物をするのにおすすめです。また、香港ではお馴染みの家電チェーン店の「ブロードウェイ」や「フォートレス」「泰林」「中原電器」「国美電器」が入っています。
その他にも子供服や、本屋、雑貨屋、多数のレストランが入っていますよ。

タイムズ・スクエア/Times Square/時代廣場
住所:1 Matheson St, Causeway Bay, HK
電話番号:2118-8888
営業時間:11:00〜22:00
アクセス:MTR銅鑼灣(Causeway Bay)駅下車。A出口から直結。
ホームページ:www.timessquare.com.hk/

18. ハイサンプレイス(タイプ:B,C,(A))

Photo credit: wyliepoon via Compfight cc

日本でも有名なファッションブランドや、レストランやカフェ、スーパーマーケットが入っています。その数、約120店舗。その中でもハイサンプレイスの一番の目玉は、巨大な本屋「誠品書店 eslite」です。この本屋がハイサンプレイスの3フロア分を占めているんですよ。香港の本屋は基本的に本屋は1フロアなので、とても珍しいんです。
また、カジュアルブランドやティーンから20代向けのファッションブランドも入り、レディース、メンズの両方のアイテムが合わさって入っているので、年代、性別問わず楽しめるスポットです。

ハイサンプレイス/Hysan Place/希慎廣場
住所:500 Hennessy Road, Causeway Bay Hong Kong
電話番号:2886-7222
営業時間:日~木:10:00~22:00 、金・土、休日の前日:10:00~23:00
レストランは日~木:11:00~23:00、金・土、休日の前日:11:00~24:00
アクセス:MTRコーズウェイベイ駅下車。F2出口直結。
地上からの場合、地下鉄MTRのF1出口を、へネシーロード沿いに行くとすぐ。
ホームページ:http://hp.leegardens.com.hk/

19. ワールド・トレード・センター(タイプ:C(B))

Photo credit: Martin Ng via flickr cc

「そごう」の裏にあり、アクセスに便利なワールド・トレード・センター。
20軒以上ものレストランが入っていて、その中には、ミシュランの星をゲットしたレストランが5軒もあります。ほとんどのレストランからはビクトリア湾の景色を眺めることができますよ。レストラン以外のショップもファッション、アクセサリー、コスメなどなど、ヤング世代のブランドを中心に入っています。

ワールド・トレード・センター/World Trade Centre/世貿中心
住所:280 Gloucester Rd, Causeway Bay
電話番号:2576-4121
営業時間:10:00~23:00
アクセス:徒歩約3分。
MTR銅鑼湾駅下車。D1出口を出て、駱克道を渡り、東角道を左折。まっすぐいくと正面にでてくる。
ホームページ:http://www.wtcmore.com

ランタオ島

20. シティーゲート・アウトレッツ(タイプ:B、(C))

Photo credit: shankar s. via flickr cc

香港で唯一のアウトレット。世界的有名なブランドアイテムがいつでも30~70%オフで買えちゃいます。
香港ディズニーランドにMTRで約15分。香港ディズニーランドに行くついでに寄ってみたり、空港にも近いので最後に寄ってみるのもいいかもしれません。
このショッピングモールには約90以上ものブランドが入っていて、スポーツブランドやカジュアルブランドが多く入っています。Esprit(エスプリ)、Giordano(ジョルダーノ)、Moiselle(モイゼル)、Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)など香港で人気のカジュアルブランドなども入っていますよ。その他にも子供服、電化製品などありますよ。
映画館やノボテル・シティーゲート・ホテルも入っています。

シティーゲート・アウトレッツ/Citygate Outlets/東薈城名店倉など
住所:20 Tat Tung Rd, Tung Chung, Lantau
電話番号:2109-2933
営業時間:10:00~22:00(お店と祝日によって違います)
アクセス:MTR東涌線の東涌(Tung Chung)駅直結。
香港駅から約25分
香港国際空港までバスで10分
ホームページ:http://www.citygateoutlets.com.hk/

マカオ

21. ショップス・コタイ・セントラル(タイプ:A)

Photo credit: wyliepoon via flickr cc

マカオにある巨大リゾート、サンズコタイセントラルの真ん中にある、ショッピングモールです。サンズコタイセントラルの中に入っているシェラトンマカオ、ホリデイイン、コンラッドマカオの3つのホテルに直結しています。
一番の特徴は、マカオらしくリゾート感を演出するため、たくさんの観葉植物が植えられていること。そんなショップス・コタイ・セントラルには約100軒もの高級ブランドのファッションやレストランが入っています。注目は日本未上陸のブランドMassimo Dutti(マッシモ・デュッティ)です。

ショップス・コタイ・セントラル/Shoppes Cotai Central/金沙廣場
電話番号:2886-6888
営業時間:日~木:10:00~23:00、金・土:10:00~24:00
アクセス:マカオ港からタクシーで約20分
タイパ港からタクシーで約10分
マカオ国際空港からタクシーで約10分
ホームページ:http://www.sandscotaicentral.com/shopping.html

22. ショップスアットフォーシーズンズ(プラザ・マカオ)(タイプ:A)

ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルの隣に建つ「ザ・プラザ」内にあるモールです。「ザ・プラザ」はリゾート施設で、この他にもプラザ・カジノやVIP専用の宿泊施設のパイザ・マンションズが入っています。
取扱いブランドは約160ほどあり、高級ブランドのブティック、アクセサリー、コスメなどのアイテムが販売されています。ミシュランガイドで星を獲得した高級広東料理「紫逸軒(ジーヤッヒン)」もありますよ。
そんなショップスアットフォーシーズンズ内は、とてもゴージャス!全体的に金色で統一されていて、ラグジュアリー感漂う空間になっています。サービス面でも、VIPなお客様向けの専門スタッフによるショッピングアドバイスやリムジンによる送迎サービスがあるなど、一流のサービスを提供してくれます。

ショップスアットフォーシーズンズ/Shoppes at Four Seasons/四季・名店
住所:”The Plaza Macao” Estrada da Baía de N. Senhora da Esperança, S/N, Taipa
電話番号:8117-7800
営業時間:日~木:10:00~23:00、金・土:10:00~24:00
アクセス:マカオ、タイパの各フェリーターミナルからプラザ・マカオの無料シャトルバスがでているのでそれを利用。ヴェネチアン・マカオのシャトルバスでもアクセス可能。
ホームページ:http://shoppesatfourseasons.com

23.グランド・カナル・ショップス(タイプ:A,B,(C))

Photo credit: Ken Lund via flickr cc

こちらのショッピングモールはヴェネチアを意識して作られています。なのでモール内には全長150メートルほどの運河が3本あり、その上をゴンドラが通ります。このゴンドラは有料で乗ることもできます。ゴンドラを漕いでくれる人が歌まで歌ってくれて、本場のヴェネチア感を演出してくれますよ。
約300もある店舗数ですが、そのほとんどが建物3階に集まっています。なので迷子にならないように気をつけましょう。
入っているのは高級ブティックからカジュアルブランド「G2000」や「i.t」などの香港ブランドも入っています。その他にもスポーツウェア、アクセサリー、コスメ、カフェ、バー、フードコートなどが揃っていますよ。特に注目したいショップは、日本にまだ未上陸のブランド「Massimo Dutti(マッシモ・デュッティ)」や「Pull and Bear(プル・アンド・ベア)」です。
ショッピングもヴェネチアの雰囲気も楽しめるショッピングモールです。

グランド・カナル・ショップス/The Grand Canal Shoppes/大運河購物中心
住所:The Venetian Macao Resort Hotel” Estrada da Baía de N. Senhora da Esperança, S/N, Taipa
電話番号:2882-8888
営業時間:日~木:10:00-23:00、金・土:10:00-24:00(お店によって違う)
アクセス:ザ・ヴェネチアン・マカオには、フェリーターミナルや空港などを往復する無料シャトルバスあり
ホームページ:http://www.venetianmacao.com

 

「グランド・カナル・ショップス」行き 無料シャトルバス情報

マカオ空港発
運行時間:11:00~21:00(5分〜20分間隔)
マカオ・フェリーターミナル発
運行時間:9:30~24:00(5分〜20分間隔)
サンズ・カジノ発
運行時間10:00~2:00(5分〜20分間隔)

そのほか、タイパ・フェリーターミナルや各入境エリアを結ぶルートもあり。バス乗り場はホテル西エントランスにあります。

 

24. イースト・アンド・ウエスト・プロムナード(タイプ:A、B)

Photo credit: wyliepoon via flickr cc

イースト・アンド・ウエスト・プロムナードは、ギャラクシーホテルとバンヤンツリーホテルとホテルオークラをつないでいるモールです。店舗数も20店舗と少ないですが、世界のブランド「Van Cleef & Arpels」や「Piaget」から、老舗菓子店の「咀香園餅家」が入っていたり、お土産にぴったりのギャラクシーロゴのオリジナルグッズも買うことができるので、あなどれないショッピングモールです。

イースト・アンド・ウエスト・プロムナード/East and West Promenade
住所:澳門離島路氹城望徳聖母灣大馬路銀河酒店GF
電話番号:2888-0888
駐車場:有(無料)
アクセス:澳門银河度假村から徒歩8分

25. ザ・ブールヴァ―ド(タイプ:A)

Photo credit: Jerry Lai via flickr cc

ザ・ブールヴァードは、シティ・オブ・ドリームズにある3つのホテル、クラウンタワーズとグランドハイアットとハードロックホテルとカジノをつなぐ通路がショッピングモールになっているスポットです。
2フロアからなり、ジュエリーや時計がメインのフロアと高級ブランドが並ぶフロアになっています。
ショップによっては通路側とカジノ側の両方の出入り口があるところがあります。
お土産に買いたいのが、ここにしかない「ハードロック」の公式店「ロックショップ」の、マカオ限定のオリジナル商品です。
その他にも「DFSビューティ」や、マカオ初出店の「Origins」と「Good Skin Labs」があります。
店舗の入れ替わりが激しいザ・ブールヴァ―ド。マカオに行ったときには寄ってみましょう。

ザ・ブールヴァード/The Boulevard/新濠大道
住所:”City of Dreams Macau” Estrada do Istmo, Cotai
電話番号:8868-6688
営業時間:10:00~23:00(お店によって異なる)
アクセス:シティオブドリームズの無料シャトルバスを利用。シャトルバスを降りてからは徒歩1分。
(マカオ、タイパのフェリーターミナル、タイパビレッジ、ホテルシントラの前からでている。)
ホームページ:http://www.cityofdreamsmacau.com

おわりに

いかかげでしたか?お目当てのショッピングモールは決まりましたか?
香港にはたくさんのショッピングモールがありますが、それぞれ雰囲気が違っておもしろいです。
買い物をしないで、いろんなショッピングモール巡りをするのも楽しいかもしれませんね。
でもせっかく行くなら、お気に入りのファッションアイテムやグッズをゲットしちゃいましょう。。
是非、これらを参考に自分好みのショッピングモールに行って、ショッピングをもっと楽しんじゃいましょう!!

ライター:Satoko Sumitomo
Photo by: Ryo Kaga「3.5連休で行く弾丸アジア、香港マカオの街歩き

関連旅行記

*Ryo Kaga「3.5連休で行く弾丸アジア、香港マカオの街歩き
*Megumi Grande Wada「ぶらぶら散歩in香港
*むむころ「食に夜景に!香港満喫旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP