ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

行列ができるラーメン店も!日本料理屋さんの多い国はどこ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パリにある日本料理店 Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~

TRiPORTライターのkamito努です。

海外に行くと、日本料理屋さんの多さにびっくりすることはありませんか? 2013年に「和食」がユネスコの無形文化財に登録されてから、さらに日本食ブームは加速しています。

わたしが先日フランスを訪れた際も、日本料理屋をパリの街のいたるところで見かけたので驚きました。そこで今回は、世界の日本食事情について調べてみました。

日本食は世界に55000店!

2010年時点では世界に約30000店だった日本食のお店が、2013年には約55000店にまで増えています。一番多いのが、アジアの約27000店。2010年から2013年の間に、約3倍も増えており、日本食ブームの勢いがうかがえますね。次いで多いのが北米の約17000店。そのあとは欧州、中南米、ロシア、オセアニアと続きます。中東やアフリカにも数百件の日本食料理店があるようです。

「日本食好き」が4分の1を占める中国や韓国、香港

アジアの方々に日本食の味が合うためなのかはわかりませんが、中国や韓国、香港に日本食料理店が密集しています。3国とも日本食料理店が、国内のレストランの4分の1を占めるほどです。

中国などと同じくらい日本食好きが多いのがイタリアです。ある調査によると、外食で最もよく食べる国の料理は日本食だという結果がでています。次いで多いのはフランスです。わたしがパリを訪れた際に、街のいたるところで日本食のお店を見つけたのにも納得ができました。フランスの日本食料理店では、日本人を見かけることは少なく、寿司、ラーメン、うどんなど様々なジャンルの日本食料理店を発見しましたが、どこも海外の人で賑わっていました。なかには、行列ができるほど人気のラーメン店もあり、驚きました。

世界では、寿司、刺身が人気!

世界にある日本食料理店で、4割を占めているのが寿司、刺身のレストランです。生の魚を食べる習慣がない国が多いので、海外では物珍しく感じるようですね。日本食に興味を持つ多くの人が生魚に挑戦するのだとか。

パリにある日本料理店 Photo credit: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~

ほかにも、うどんやカレー、ラーメンなど、日本でも庶民の味と言われている料理が人気急上昇中とのことです。お好み焼きやたこ焼き、おでんなど日本の家庭でも並ぶ料理の味を楽しんでいる人も多いようです。

この様子を見ると、日本の文化を知りたいと思っている海外の方は多いと言えそうです。和食をきっかけに、日本に昔からある食文化や、伝統的なものへの関心が高まっているようで、嬉しいですね。海外を訪れた際は、日本食料理店で日本の味と比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

参照:日本経済新聞

ライター名:kamito努
Photo by: emo「2015 PARIS LONDON BELGIUM② ~パリ1日目~

関連旅行記

*emo「2015 PARIS LONDON
*Saera Jin「パリ、迷ったらここでゴハンを

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP