ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地元食材をふんだんに使用!埼玉県ご当地カレー、その名も「菜玉カレー」誕生!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

埼玉県産の食材をふんだんに使ったご当地カレー、その名も「菜玉カレー」が誕生!9月16日にリニューアルオープンする浦和パルコ5階「埼玉食堂 やおまん」にて味わえる。

“埼玉の野菜をおいしく食べてほしい”という思いから開発された菜玉カレー。野菜は吉田農園をはじめとした埼玉県産を使用。そのほかにも、埼玉県産在来大豆に特化した農家「飯塚商店」の発芽大豆、彩たまご、深谷牛、彩の国黒豚、江戸末期創業の熊谷市の蔵元「権田酒造」の酒粕、彩のかがやき(米)など、埼玉県産の食材をふんだんに使っている。

種類は「スープカレー」(単品1180円)、「キーマカレー」(単品1180円)、「欧風カレー」(1380円)の3種。

さまざまなスパイスを絶妙に配合し、手間暇かけたオリジナルルーが特長。さらに脂質、塩分は極少なめに、無化調、無添加で、健康を意識する人にもうれしい一品となっている。

また、野菜がたっぷり摂れる「バーニャバー」(食べ放題 単品500円)もリニューアル。

菜玉カレー同様に、吉田農園などの埼玉県産の野菜を中心にラインナップ。吉田農園の新鮮な直送野菜は、野菜ごとの収穫のタイミングを合わせ、翌日には店頭へ。栄養素、おいしさが採れたてに近い状態で提供する。バーカウンターにて好みの野菜を盛り合わせ、特製バーニャソース(2種)と一緒に楽しめる。

埼玉の新たな名物になる!?お店の詳細はこちら(http://www.yaoman.jp/)。

※価格はすべて税込

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP