ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

防犯の新常識「知らない人についていくな」で危険招くことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 深夜の町をあてもなく歩いていた中学生の少年と少女、役者になるという夢を描きながら東京でひとり暮らしをしていた女性…相次いで起こった殺人事件は決して他人事とは思えない。あなたの大切な子供、孫を守るために今からできる「新防犯の心得」とは。

 決して他人事ではない危険から大切な子供を守るには、いったいどうすればいいのか。誰もが知りたいそんな疑問に答えてくれたのは、東京未来大学こども心理学部教授で犯罪心理学者の出口保行さんだ。これまで約1万人の犯罪者の心理分析をしてきた経験に基づき、防犯の常識を覆す術を教えてくれた。

 新常識【1】「どうすれば安全か」という考えを捨てる

 まず、出口さんは「“どうしたら”と考えること自体がそもそも間違い」と指摘する。

「こうすれば犯罪から身を守れるという、ハウツーなんて呑気なことをいっていてはいけません。対策するにはまず、今の犯罪状況に関する自分の知識が正しいかを確認し、どういうときに狙われているのか、どういう犯罪が多いのかといった地域の犯罪の特徴を知ること。情報が間違っていたら間違えた対策をしてしまうのです」(出口さん、以下「」内同)

 新常識【2】「夕方の公園」より「午後3時の道端」

 例えば、「薄暗くなってきた夕方や夜が危ない」と、子供に言って聞かせていないだろうか。

「子供への犯罪といえば、夕方の公園で小さい子が狙われると誤解している人が多いです。しかし実際は、午後3時台の道端で7才が狙われることが多い。つまり、“下校時間の午後3時に小学1年生”が狙われています。

 でも親は子供に〝夕方の公園は危ないから早く帰ってきなさい〟と言ってしまう。地域の防犯ボランティアも、夕方の公園に腕章をつけて見守りに行く。すると、犯罪者にすればチャンス。逆に、見守り隊がいない昼間に犯行しやすくなります」

 誰もが危険だと思っている時間の裏をかくことが、犯罪者に“この地域は隙がない”というメッセージが伝わり、犯罪防止につながる。

 新常識【3】「人が少ない裏道」ではなく「人が多い大通り」

 間違えて認識していることは他にもある。“人通りが多いほうが安全”という思いこみもその1つだ。

「人通りが多いところでも連れ去りは起きています。“人通りが少ないところは危ない”と思い込んでいると、人通りが多いところでは安心してしまう。犯罪者は人が多かろうが少なかろうが、相手が油断しているときを狙います。緊張して隙がない人を狙うことはありません」

 大通り沿いの、人が多いところに車が停まっていても不思議に思わないけれど、誰もいないところに停まっていたら大人も緊張する。

「大通りでガードレールがない場所だと、人に気づかれずに、道路に停めた車の中に子供や女性を引っ張りこめてしまう。ここは大丈夫、危ないという勝手な思い込みこそが危険ということがあります」

 新常識【4】危ないのは「知らない人」だけではない

 そして、口癖のように言い聞かせてしまうのは、“知らない人についていってはいけません”。この言葉も、「逆に危険を招くこともある」と出口さんは言う。

「『知らない人についていくな』の裏返しは、“知っている人なら大丈夫”です。犯罪を起こす人間は、それを知っている。だから、公園で入念におしゃべりします。すると、 “知らない人”ではなく、ちゃんとおしゃべりしてくれる“知ってるおじさん”になってしまう。話をしていても何も変なことをされなかったら、子供は安心する。そして顔見知りになってから犯行に及ぶ。帰りがけによく寄るコンビニの店員さんなど、大人でも何度か話したことがあると安心して、つい気を許してしまいますよね」

 犯罪者は裏の裏をかいてくるから、防犯は“いたちごっこ”。心理戦、知能戦となる。

※女性セブン2015年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『罪と罰』等名作の犯罪者を実際に裁判にかけたら…の解説書
ネットの名誉毀損や個人情報漏洩 実例を挙げた弁護士解説本
自分の子が幼児性愛者だったらプレッシャーかけるのは逆効果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP