体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL「Sisters」リリース記念、女性・男性300人限定ライブが豪雨のなか開催

エンタメ
SCANDAL「Sisters」リリース記念、女性・男性300人限定ライブが豪雨のなか開催

SCANDALが、22枚目となるニューシングル「Sisters」のリリースを記念して、TOWER RECORDS渋谷店地下1F「CUTUP STUDIO」で、300人の女性限定ライブ「SCANDAL 『Sisters』RELEASE PARTY! SISTERS SPECIAL LIVE!」と、こちらも300人の男性限定ライブ「SCANDAL 『Sisters』RELEASE PARTY! BROTHERS SPECIAL LIVE!」を開催した。

今作「Sisters」は、映画『ひなぎく』からインスパイアを受けRINA(Dr.&Vo.)が作詞、MAMI(Gt.&Vo.)が作曲をした意欲作。前作に引き続き、YUKIなどのプロデュースで知ら れるアゲハスプリングスの玉井健二氏サウンドプロデュース、プロデューサー・エンジニアとしてグラミー賞を通算3度受賞している巨匠Tom Lord-Alge氏(トム・ロード・アルジ)をエンジニアに迎えた。SCANDAL自らのルーツであるダンス、さらにゴスペルの要素も盛り込み、心地よい四つ打ちサ ウンドにファンキーなギターリフを乗せた「ロック×ダンス」な踊れる楽曲。

ライブは、TOWER RECORDSとSCANDALがコラボし“NO MUSIC, NO Sisters?”という新曲「Sisters」をもじった企画で、幸運にも選ばれた男女300人が渋谷タワーレコード地下のライブスペースに集まった。まず「SISTERS SPECIAL LIVE!」と銘打った女性限定ライブからスタート。会場は映画『ひなぎく』の主人公にちなんだドレスコードの花かんむりをかぶった女性300名で超満員となり、華やかなムードにつつまれた。今回はJ-WAVE「SMILE ON SUNDAY」でライブの模様のオンエアもあり、MCを務めるレイチェル・チャンの呼び込みとともに遂にSCANDALが登場。

豪雨のなか、300人の女性ファンがTOWERRECORDS渋谷店に集まってくれたファンに向かって、HARUNA(Vo.&Gt.)が「リリースパーティーへようこそ!」とSistersに声をかけ、女性ファンが歓声をあげる。「凄い雨降ってたでしょう?大雨で来れなかった人もかなりいるって聞いたんだけど…」とHARUNA(Vo.&Gt.)が問いかけると、「石川から来たよ~!」「大阪!」「名古屋!」など遠方からの参加者もかなりいたようで、メンバーは驚きながらも「残念ながら今日来れなかった人の分まで、楽しみましょう!」と観客をあおる。

ライブはワールドツアー後初のリリース作「Stamp!」を皮切りに、この日リリースとなった最新作「Sisters」は勿論、その表題曲とは打って変わって生の音を活かしたロックなナンバーであるカップリング曲「LIFE IS A JOURNEY」や、女性限定ライブのみで披露した「少女S」、今やライブの定番曲として定着した「Image」と、計5曲を披露。会場には先日のミュージックビデオ撮影に参加したファンもちらほら見られ、彼女達を中心に新曲「Sisters」ミュージックビデオさながらの一体感に包まれた。

その後、行われた男性限定ライブではJ-WAVE「BEAT PLANET」でナビゲーターを務めるサッシャが登壇。今度は男性のみの会場ということでさらなる熱気に包まれ、女性限定ライブとは違い「お願いナビゲーション」を披露。セットリストも異なったことも相まって、また違ったパワフルな盛り上がりを見せた。本日のイベントの一部模様は、9月10日に、サッシャがナビゲーターを務めるJ-WAVE「BEAT PLANET」、9月13日に、レイチェル・チャンがナビゲーターを務めるJ-WAVE「SMILE ON SUNDAY」内でオンエアされる予定となっている。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会