ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沢尻エリカ主演ドラマ主題歌歌手 「プチ改名」で運をつかむ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「恋にも、仕事にも、子育てにも幸運を引き寄せてくれる」「会うだけで気持ちがアガる」──今、芸能界をはじめ、巷の女性たちの間で、あるフォーチュン アドバイザーがたびたび話題になっている。東京・代官山で不定期に行われる鑑定は予約困難で、まさに行列ができる人気ぶりなのだ。

 そのフォーチュン アドバイザーとは梨花(42才)が著書『MY NAME IS…RINKA AtoZ DICTIONARY』(マガジンハウス刊)で紹介したイヴルルド遙華さんだ。

 姓名判断や算命学、西洋占星術、血液型、タロット、風水、顔相などの占術を使い鑑定する他、人生の流れを24の節目で区切るオリジナルのフォーチュンサイクル占いも人気だ。

 梨花だけではなく、芸能界に熱烈なファンが多いことでも知られ、紗栄子(28才)や蛯原友里(35才)、小雪(38才)ら、世の女性にとって憧れの存在たちがイヴルルドさんの元へ通う。

 さまざまな本を読み、家族や友人はもちろん、歴史上の人物やニュースに出てくる有名人、起業家、雑誌に出てくる話題のお店、人気のキャラクターなどありとあらゆるものの画数を片っ端から調べて分析したイヴルルドさん。そこで生まれたのが、イヴルルドさんオリジナルの画数の数え方や意味、鑑定の方法だった。

「姓名判断は統計学なので、莫大なデータと鑑定経験が必要です。とにかく老若男女を問わず鑑定して、経験を積み、『この本の内容はちょっと違う気がする』『この画数の人はこんな性格で、こんな人生を送っていることが多い』など、自分なりにデータを分析して蓄積していきました。この頃は目に入る名前はすべて研究対象にしていて、『だから、この人はカリスマと呼ばれているのか!』『あぁ、この画数だと流行らないだろうな』と画数のパワーを知るほどに、のめり込んでいったのです」(イヴルルドさん)

 ようやく納得のいく名前を見つけ、改名したのは20才になった頃。「ポリシーを貫き、向上心を忘れない」という運気を持つ画数を選んだ。

「いわゆるビジネスネームであって、戸籍上の名前を変えたわけではないんです。それなのに、あれだけ病弱で悩んでいたのが嘘のように健康になった」(イヴルルドさん)

 名前の持つパワーを知り尽くしたイヴルルドさんが、「より多くのみなさんに、このパワーを実感してもらいたい!」と、手軽にできる改名の方法をまとめたのが、9月8日に発売されたばかりの『運命が変わる“プチ改名”』(小学館刊)だ。

 イヴルルドさんが提唱する“プチ改名”は、戸籍の名前を変えるのではなく、LINEやフェイスブックなどSNSでの登録名やメールアドレス、ニックネームを変えるだけのカジュアルな改名だ。

 さっそく実践して運が開けたのは、8人組の男性音楽ユニット『SOLIDEMO』メンバーのシュネルだ。『SOLIDEMO』は、2014年にメジャーデビュー。メンバー全員が180cm以上の高身長のイケメングループで、セカンドシングルに収録された曲は、「マウンティング」という言葉を一大ブームにしたドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)の主題歌になり話題となった。さらなる活躍のため、今年1月、リーダーであるシュネルはイヴルルドさんのアドバイスにより、改名を決めた。

「本名『渡部俊英』の画数があまりよくないと聞き、顔も洋風だし(笑い)、思い切って変えてみようかな、って。俊英→シュネイ→シュネールと絞り込んで、“望めば望むほど発展して、みんなが話題にしてくれるウルトラ大吉な11画”のシュネルに決定しました。名前が変わったら考え方も変わり、以前のぼくなら躊躇していたことにも挑戦するようになった。するとその仕事がまた別の番組出演につながるなど、嬉しい連鎖が。夢は広がり、勉強熱心にもなりました」(シュネル)

 改名の方法はシンプルで簡単。まずは名前の画数を確認する。現在使っている名前の画数がよくない際は、漢字を一文字変えたり、ひらがなやカタカナに変えるなどして、自分が望む画数にするとよい。

「例えば、戸籍上は『渡邊さん』でも、普段は『渡辺さん』と書くなら、日常で使う漢字を重要視します。SNSなどの名前も、大事な通称のひとつ。『遙華』を『はるか』『ハルカ』にするなど表記を変えると画数が変わり、運気の流れがガラッと変わるんです。ペットの名前だって『太郎』とイメージして呼ぶのか、『タロー』なのか、『タロウ。』なのかであなたとの相性や家庭内の円満度が変わったりするんですよ」(イヴルルドさん)

 現在、4つの名前を使い分けるイヴルルドさんは、これまで何千人もの鑑定をしてきた経験から、「名前の画数がよい人は例外なく幸せな人生を歩んでいる」と確信している。

「私は、自分の名前を思い切って変えたことで、自分の人生を好きになることができました。日本には“言霊”という考え方が昔から伝わっています。名前は、言葉の中でももっとも言霊の影響を受けるもの。いちばん身近で大事な言葉だからこそ、幸運を引き寄せる名前にすれば、きっとあなたの運命は変わるはずです」(イヴルルドさん)

※女性セブン2015年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
蛯原友里 結婚6年目の懐妊の背後にフォーチュンアドバイザー
道端ジェシカ バトンとの婚約予言した馬蹄チャームとは?
梨花・小雪・ジェシカの幸運に関与したイヴルルド遙華氏とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。