ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Cube、Remix OSを採用した10.6インチタブレット「Cube i10 Remix」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の大手タブレットメーカー Cube が「Remix OS」を採用した 10.6 インチタブレット「Cube i10 Remix」を開発しているそうです。Cube は今年の 7 月にも 11.6 インチで Remix OS を採用した「Cube i7 Remix」を発売しており、今回の Cube i10 Remix はその小型版になります(と言っても 10.6 インチ端末ですが・・・)。Remix OS は、独自のタスクバーやマルチタスク機能を追加し、Android なのに、Windows に近い操作性を実現したカスタム ROM。提供元の Jide は Remix OS を他社にも供給しており、Cube を含む中国メーカーで採用されはじめています。Cube i10 Remix は、 10.6 インチ 1,366× 768 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、Intel Aton Z3735 1.8GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、32GB ROM、背面に 200 万画素カメラ、前面に 30 万画素カメラ、6,600mAh バッテリーを搭載しており、専用のキーボードドックも付属すると伝えらえています。Cube i10 Remix の発売時期や価格は不明ですが、年内中にはかなり安い価格帯で販売されることでしょう。Source : AndroidPC.es

■関連記事
翻訳アプリ「Microsoft Translator」のアプリUIが日本語に対応、言語の自動検出にも対応
日本気象協会、「tenki.jp」の公式Androidアプリをリリース
Android版Google Walletがv10にアップデート、UIデザインが刷新される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP