ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナポリでピザを食べなきゃ絶対損!ピッツァとピッツァフリッタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Guarini Letizia「ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

TRiPORTライターのTAKADONAです。
世界中で大人気のピザ(ピッツァ)ですが、発祥の地ナポリで食べたことはありますか?
ナポリには、「ナポリを見てから死ね」(※1)という名言がありますが、「ナポリピッツァを食べてから死ね」とも言われているくらい、ピッツァが大人気です。今回は、とっても美味しい本場のナポリピッツァについてお話したいと思います。

ピッツァを食べるのは日常生活の1つ

ナポリはピッツァ発祥の地だけあり、数多くのピッツェリア(※2)があります。
昼に食べたり間食で食べたり夜に食べたりと、ピッツァを食べることは日常生活の1つになっています。
その理由は、シンプルで美味しい、安い、ボリュームがある、栄養価が高い、立ったままどこでも食べられる…などと、庶民的な食べ物として様々な魅力があるからです。

Photo credit: 鈴木 美海 「【イタリア中南部】両親+私(娘)家族3人イタリア絶景 家族旅行(6日目)

一番人気のマルゲリータは、昔の国王ウンベルト1世とマルゲリータ王妃がナポリを訪れた時、ピッツァ職人が「バジルの緑色、モッツァレラチーズの白色、トマトソースの赤色を使い、イタリア国旗を表現したもの」を提供して誕生したと言われています。 マルゲリータ王妃が食べて、あまりの美味しさにとても気に入ったことから、マルゲリータと名付けられたそうです。

Photo credit: Ayu Aoki「イタリア ナポリ

マリナーラは、トマト、にんにく、オリーブオイル、オレガノをのせて焼いたものです。チーズが無いのが特徴で、マルゲリータと同じくシンプルなナポリピッツァです。
マリナーラはイタリア語で「船乗り」の意味で、諸説は色々ありますが、ナポリの船乗りがよく食べていた、ナポリの船乗りがパン屋に作らせたことなどが由来とされています。

ピッツァフリッタ???

Photo credit: Guarini Letizia 「緩慢に生きるナポリへの旅

さて、みなさんは「ピッツァフリッタ」をご存知ですか? ナポリでは大人気ですが、日本を含めて他の所ではあまり馴染みがありません。 ピッツァ生地に、リコッタチーズ、モッツァレラチーズ、小さく刻んだサラミやハム、トマトソースなどを半円形に包んで揚げたものです。 大きさは35~40cm程でかなりボリュームがありますが、生地がサクサクで油っこさも無く、さっぱりしていて食べやすいです。

ナポレターナ

よく見てみると、ナポリのピッツェリアには、「VERA PIZZA Napoletana」と書かれている看板が数多くあります。これはナポレターナと言って「真のナポリピッツァ」という意味です。 「真のナポリピッツァ協会」というものがあり、そこで定める条件をすべてクリアし、正真正銘のナポリピッツァを提供していると認められたピッツェリアのみが、この看板を掲げることができます。
真のナポリピッツァ協会が定める条件として、主に6つあります。
1. 生地に使用する材料は、小麦粉、酵母、塩、水の4つのみ
2. 生地は手だけを使って延ばす
3. 窯の床面にて直焼きする
4. 窯の燃料は薪もしくは木くずとする
5. 仕上がりはふっくらとして、「額縁」がある
6. 上にのせる材料にもこだわる
伝統的な製法を厳格に守られていることにより、今日でも美味しいピッツァが食べられるのです。

人気のピッツェリア紹介

ピッツェリアが沢山あって、どのお店に入ろうか迷うと思いますので、美味しくて有名なお店をご紹介致します。

Di Matteo

住所:Via dei Tribunali, 94 80138 Napoli
電話:+39 081455262
URL:http://www.pizzeriadimatteo.com/

揚げたピッツァ(pizza fritta)で有名な「ディ・マッテーオ」です。大人気のため、ランチの時間だと並ぶ必要があります。

出典 「緩慢に生きるナポリへの旅」 Guarini Letiziaさん | Compathy(コンパシー)

da michele

住所:Via Cesare Sersale, 1/3 80139 Napoli
電話:+39 0815539204
URL:http://www.damichele.net/

メニューはマルゲリータとマリナーラの2種類のみ、普通サイズでも十分で、価格も5ユーロ前後と、これぞナポリの地元ピザといったシンプルさ。

出典 ナポリで一番好きなピッツェリア – アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレの口コミ – トリップアドバイザー

Brandi

Photo credit: Pizzeria Brandi (Naples) via photopin (license)

住所:Salita Sant’Anna di Palazzo, 1/2 80132 Napoli
電話::+39 081416928
URL:http://www.brandi.it/

今日のディナーはマルゲリータ発祥のお店にて。 もちろんマルゲリータとフライミックスを注文。 マルゲリータはもちろんミックスフライの中のチーズ入りライスコロッケがすごいおいしかった♪ 3人でピザ2枚、ミックスフライはすごく量が多かったです。

出典 「【イタリア中南部】両親+私(娘)家族3人イタリア絶景 家族旅行(4・5日目)」鈴木 美海さん | Compathy(コンパシー)

Gino Sorbillo

Photo credit: Guarini Letizia「ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ

住所:Via dei Tribunali, 32, 80138 Napoli
電話:+39 081446643
URL:http://www.sorbillo.it/ja/

二時間のタイムトラベルの後お腹すいた。Via dei Tribunaliにはピッツェリアが多すぎて、どっちに入るか迷う。まあ、どっちに入っても損することはまずないけど、大人気のGino Sorbilloに決定。

出典 「ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ」 Guarini Letiziaさん | Compathy(コンパシー)

Trianon da Ciro

住所:Via Pietro Colletta, 42/44/46, 80139 Napoli
電話:+39 0815539426
URL:http://www.pizzeriatrianon.it/

日曜日もやっているし、こちらの店員はとてもおちゃめで気さくなのでおススメです。

出典 DOCピザが一番おいしい – トリアノン ダ チーロの口コミ – トリップアドバイザー

 

最後に

実際にナポリで食べてみると、一生忘れられない程の美味しさで感動します。特にピッツァフリッタは、日本で食べられるお店はかなり珍しいので、発祥の地ナポリで是非とも食べてみて欲しいと思います。また、日本で食べたことがある方も、ナポリの味と食べ比べてみては、いかがでしょうか。

※1 「ナポリの風光を見ずに死んでしまっては、生きていた甲斐が無い」という意味で、ナポリ湾一帯の美しさを強調した言葉
※2 ピッツァを主に提供するお店

ライター:Takahiro Kaneko

Photo by:Guarini Letizia 「緩慢に生きるナポリへの旅

関連旅行記

*Guarini Letizia「ガイドブックから顔をあげよう―本当は誰にも教えたくない、ナポリ歩きのススメ
*鈴木 美海 「【イタリア中南部】両親+私(娘)家族3人イタリア絶景 家族旅行(6日目)
*Guarini Letizia 「緩慢に生きるナポリへの旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。