ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島みゆき、41作目アルバムと「夜会」最新作BD&DVD同時リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中島みゆきが11月11日に通算41作目となるオリジナルアルバム『組曲(Suite)』と、6年ぶりの新作として書き下ろされた『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』の映像作品(Blu-ray & DVD)を同時発売することが明らかになった。

昨年は数々のアーティストが中島みゆきの名曲「糸」などをカバー、また、楽曲提供では「泣いてもいいんだよ」を歌ったももいろクローバーZが、オリコン週間CDシングルランキング1位を獲得。そして中島みゆき自身の作品「麦の唄」もNHK連続テレビ小説「マッサン」の主題歌として大ヒットとなり、さらに年末の日本郵便「年賀はがき」TV-CMでは「時代」が使用されるなど、1年を通して中島みゆきソングブームが続いていた。そんな中、今年も期待を裏切ることなく年末のコンサートに合わせて、新作が届くこととなった。

通算41作目となるオリジナル・アルバムは『組曲(Suite)』と書いて「スウィート」。ジャケット写真には国際空港のデッキで黄色い衣裳をまとった中島みゆき本人が登場。今回も制作陣は25年来、中島みゆきの音楽面を支え続けるプロデューサー瀬尾一三によるアレンジ。レコーディング & MIXエンジニアにはデイビット・ソナー。そして今回新たにマスタリング・エンジニアとして名匠スティーブン・マーカッセンを起用しており、その音づくりにも注目だ。

『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』は、「夜会」作品としては、2008年から2009年にかけて行われた『夜会VOL.15~夜物語~元祖・今晩屋』以来、ファン待望の6年ぶりの書き下ろし作品。劇のセリフとなり挿入歌となる「歌」は台本と共に書き下ろされ、過去最多の46曲(うち5曲は2014年11月12日発売のオリジナル・アルバム『問題集』に収録)となった。同公演は、昨年11月15日~12月16日に東京赤坂ACTシアターでのみ開催され述べ3万人を動員。

同公演の模様が余すことなく収録されたBlu-ray&DVD作品では、劇場の座席からでは観ることのできない様々な角度から撮影された貴重な映像が多数収録されるなど、劇場での鑑賞とはまた違った映像作品ならではの魅力が詰まっている。ストーリー展開も非常にスリリングでテーマ性に富み、観る者、聴く者を魅了して止まない約2時間となっている。

上記作品の発売日の翌日11月12日からは、『中島みゆきConcert「一会(いちえ)」2015~2016』がスタートする。

リリース情報

『組曲(Suite)』
2015年11月11日発売
YCCW-10265 3,000円+税
<収録曲>
1. 36時間
2. 愛と云わないラヴレター
3. ライカM4
4. 氷中花(ヒョウチュウカ)
5. 霙の音(ミソ゛レノオト)
6. 空がある限り
7. もういちど雨が
8. Why & No
9. 休石(ヤスミイシ)
10. LADY JANE

『夜会VOL.18「橋の下のアルカディア」』
2015年11月11日発売
【Blu-ray】YCXW-10007 9,000円+税
【DVD】YCBW-10060 8,000円+税

特設サイト:http://www.yamahamusic.co.jp/miyuki/

関連リンク

中島みゆき Official Sitehttp://www.miyuki.jp/
中島みゆき ヤマハミュージックコミュニケーションズhttp://www.yamahamusic.co.jp/artist/index.php?artist_id=59

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP