ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸せな午後のひとときに、秋を感じる和デザート3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋になると恋しくなるのが和デザート。季節の移り変わりを肌で感じながら、やさしい甘さでほっこり気分に浸ろう。今日は、紫芋やあずき、抹茶などを使った絶品和デザートをご紹介!

【デニーズ】「紫芋のどらパンオムレット」(税込489円)
9月8日(火)よりデニーズにお目見えしたのは、どら焼き風にうすく焼き上げたパンケーキで紫芋ペーストやホイップクリームをふんわりと包み、ゆであずき、さつまいも、かぼちゃアイス、バニラアイスを盛り合わせた「紫芋のどらパンオムレット」。秋の味覚満載の魅惑的な一皿だ。コクのあるみたらしソースが全体をまとめ上げている。同店では、他にも「紫芋とかぼちゃのザ・サンデー」(税込753円)や、「紫芋のポップオーバー」(税込598円)など、紫芋やゆであずきを使った和テイストのデザートがずらり。詳しくは公式サイト(http://www.dennys.jp/)へ。

【茶寮都路里(さりょうつじり)】「秋の夜」(税込1451円)
高台寺店(京都・東山)限定のパフェ「秋の夜」(9月1日~)は、渋皮栗やさつまいもの甘露煮をはじめ、ぷるぷるの抹茶わらびもち、ほうじ茶ゼリー、玄米入抹茶せんべいなど、都路里自慢のお茶を使った食材が盛り込まれた逸品。京都のはんなりとした雰囲気漂う空間で、丹精込められた多彩な味を堪能してみて。現在茶寮都路里(http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/)では、各店限定メニューを展開中。祇園本店・京都伊勢丹店では抹茶ドーナツをトッピングした「初秋の調べ」(税込1242円)を、大丸東京店では紫いもペーストや栗入りの「古都パフェ(秋限定)」(税込1468円)を味わうことができる。

【横浜ベイホテル東急】「テ・ベール」(税込3200円)
最後は贈り物にもおススメなホテルパティシエ特製スイーツを。横浜ベイホテル東急のラウンジ「ソマーハウス」のペストリーコーナーでは、9月1日(火)~30日(水)の期間限定で、濃厚な抹茶のムースに、こしあんペーストや、大納言入りの黒蜜のムースを重ねて仕上げたケーキ「テ・ベール」を販売中。ほろ苦さと甘さが調和した大人の味わいが魅力。渋めのお茶といっしょに楽しみたい。(http://ybht.co.jp/restaurant/plan/restfair0187.php

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP