ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「Galaxy Note 3 SCL22」と「Galaxy Tab S SCT21」のAndroid 5.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 9 月 10 日、Samsung の Android スマートフォン「Galaxy Note 3 SCL22」と Android タブレット「Galaxy Tab S SCT21」の Android 5.0 アップデートを開始しました。今回のアップデートは OS のバージョンアップをと伴う大規模なもので、両モデルはこれまで Android 4.4(KitKat)でしたが、今回のアップデートで Android 5.0(Lollipop)に刷新されます。変更内容は、Google が Android 5.0 で追加した新機能や、Samsung が独自に行った TouchWiz のデザイン変更です。アップデート後のベースバンドバージョンは、Galaxy Note 3 が「SCL22KDU2GOH7」、Galaxy Tab S が「SCT21KDU1BOH7」になります。Android 5.0 では、Material Design 方式の UI デザインが基本となっており、Galaxy Note 3 / Tab S の UI デザインも、これに合わせてホーム画面や設定メニュー、通知パネル、電話アプリなどのデザインが新しくなります。また、Android 5.0 で通知システムが新しくなり、表示スタイルがカード式に変更されたほか、通知は従来のアイコンではなく、ロック画面上に表示すること、プライベートな通知をロック画面に表示しない設定できるようになりました。さらに、アプリの起動履歴画面が従来のパネル式からカードスタック式に変更、電話やメール、カレンダーの予定といった一部の重要な通知の場合にだけ鳴動させる音量モード、Bluetooth テザリング機能なども追加されています。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia Z5シリーズのカメラが他社の主要なスマートフォンより優れていると主張
米AmazonはFire Phoneの販売を終了した模様
Google+のAndroidアプリがv6.3.0にアップデート、アプリアイコンが新ロゴに刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。