ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでシャンデリア!キューブを使ったモザイクアートが美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

細かい部品をたくさん使い、ひとつの絵を浮かび上がらせるモザイクアート

世界中で大勢の芸術家が個性的な部品を使い、新しい作品を世に送り出している。

カリフォルニアのアーティスト、Andrew Myers氏もそんな一人。

彼が使用した部品はアクリルキューブ。

それをシャンデリアのように天井から吊り、人物画を完成させた。

しかもスタートは、透明の四角いキューブを自ら彩色するところから始めるという手の込みよう。

以前はネジを使ったポートレートを制作し、それが話題になったMyers氏

今回の作品は、それをさらに進化させたものだそう。

「どんな絵でも細かな点の集まり。その点が目の前で浮いていて、絵になったら面白いと思ったんだ」

しかし、そのアイデアを形にするのは簡単ではなかった。

「どのようにキューブを並べるか計算して、それをワイヤーで釣る方法を調べて、実際に確かめて…。ものすごくストレスフルな作業だった」

この作品で使用されたキューブは1200個。ワイヤーは800ヤード(約731メートル)、製作期間は7ヵ月

彼の労作は、9月17日にLAのLawrence Cantor Fine Art Galleryで行われる個展のオープニングに登場する。

LAを訪れる予定のある方は、ぜひチェックを!

Andrew Myers
http://www.andrewmyersart.com/
Lawrence Cantor Fine Art Gallery
http://www.lawrencecantorfineart.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP