ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トミー・ジョン手術3度の館山昌平 伊藤智仁らの姿勢が励みに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 右肘靭帯断裂の大怪我から2シーズンぶりに復帰した東京ヤクルトスワローズの館山昌平(34)。これまでに、トミー・ジョン手術と呼ばれる肘の靭帯再建術を3度も経験。その他に、肩関節、股関節など7度も身体にメスを入れ、全身には151針の傷跡が残っている。

 最初にトミー・ジョン手術を受けたのはプロ入り2年目の2004年のこと。人間の前腕部には3本の腱があり、その真ん中はほとんど使われていないため、肘靭帯を断裂した投手のほとんどは、その腱を肘に移植する。館山も同様の手術をしたが、その腱も2013年の開幕直後に切れてしまった。

「2度目の手術では、右脚の内転筋を移植しました。ただ、僕の場合、肘の筋肉との相性がよくなかった。2014年のオープン戦で登板して、何とか二軍のマウンドには立てましたが、そこから先に進めなかった。初回は抑えられても2イニング目は打たれてしまう。スピードも140kmそこそこしか出なかった。

 コントロールを重視するスタイルに変えようかと迷っていたとき、靭帯を覆っている筋肉が骨から剥がれてしまいました。90%までは戻っていたけれど、自分の信念を貫くために、残りの10%を求めた時に、肘全体の強度がついてこなかったという感じですね。

 骨から剥がれただけなので、縫い直せば3~6か月で復帰できるという診断でしたが、ドクターと相談して全力で投げられる肘を目指すことにしました。より強い腱を求めて、一からやり直したんです」(館山)

 3度目の手術は、左腕の腱から移植した。しかし、真ん中の腱は利き腕でないため細くて使えなかった。そこで、3本のうちで左側にある太い腱を選んで移植したが、腱を取った左腕の筋肉は皮膚とつながっていたため、ウエイトトレーニングをすると皮膚がこすれて内出血し、すぐに青く痣(あざ)ができた。

 健康体で選手生活を続けられることがベストであることはいうまでもない。すべての野球選手が、怪我をするまで肉体を酷使すべきだというつもりもない。しかし、館山の怪我を厭わない生き様は見る者の胸を熱くさせる。

「絶対に怪我を理由に引退したくないんです。怪我の場所にもよりますが、今のスポーツ医学では肘の怪我からかなり高い確率で復帰できます。

 球団広報の河端龍さんは現役時代にトミー・ジョン手術を受けて、その後復活して中継ぎのエースとして2001年の優勝に貢献しました。投手コーチの伊藤智仁さんも、肘に加えて肩も痛めたので僕が入団した2003年以降は、本来のパフォーマンスを回復できませんでしたが、『マウンドに戻ってやる』という気概を目の前で見せてくれました。

 そんな先輩たちの姿勢が励みになりました。復帰できれば、打たれるのは自分の責任。能力や技術が足りないだけです。マウンドで勝負できずに辞めたくはなかったんです」(同前)

取材・文■田中周治 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中将大が受けるべきかで論争 トミー・ジョン手術とは何か
田中将大 肘故障中でも登板する理由に「ジーターの引退」も
ヤクルトの館山 「トミー・ジョンTシャツ」を投手陣に配る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。