ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小泉今日子、中山美穂、AKB48らの名曲産んだ作曲家の自伝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『神曲ができるまで』/井上ヨシマサ/双葉社/1000円

 小泉今日子、中山美穂などに楽曲提供をしている作曲家が、これまでの人生を振り返る。中学の頃にはプロとして活躍していた著者は、アイドルの曲も書き始める。特に、秋元康の言葉で楽曲提供するようになったAKB48については、『Beginner』はアイドルっぽくない曲で、もがいている人にメッセージを込めたなど制作秘話が満載。

 自分の書きたい曲と、依頼された曲とのギャップに悩みながら、名作を生み出している著者のこだわりを読むと、プロの誇りが伝わってくる。

※女性セブン2015年9月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クリス松村が独自視点で綴ったアイドル論 特典商法に警鐘も
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
朝井リョウの新刊は現代のアイドル事情を鮮明に描いた長編作

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP