ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

保安院、浜岡原発「自治体の意向」尊重する姿勢示す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
jichitai.jpg

 原子力安全・保安院の西山英彦審議官は2011年4月30日、福島原子力発電所事故対策統合本部の共同記者会見で、東海地震の想定震源域内にある浜岡原子力発電所3号機の再稼働について、地元の自治体の意向を尊重する姿勢を示した。

 東海地震の想定震源域内にある浜岡原子力発電所3号機の再稼働は、原子力安全・保安院による緊急安全対策の確認と通常の定期点検が終われば、地元の自治体の合意が無くても同原発の再稼働の条件は法的に満たされるとされる。

 これに関してニコニコ動画の七尾功記者が「法的に言うと地元の合意がなくても、浜岡原発3号機を再稼働できるという報道があるがどうか」と質問。これに対して、西山審議官は、「地元の自治体の方針によって法的に妨げられることはないが、それは法的な理論だけである」とした上で、

「これまであらゆる原子力関係の施設において、地元の自治体の反対が押し切られて何か起こったことは考えられないので、法的なことを議論する意味はないと思う」

 と地元の自治体の意向を尊重する姿勢を示した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]七尾記者の浜岡原発に関する質問から視聴
http://live.nicovideo.jp/watch/lv48250308?ref=news#3:44:03

丹羽一臣

【関連記事】
小佐古氏の発言に「SPEEDIでの予測から、すでに実測へと移行している」と細野豪志氏
浜岡原発「再開」問題 枝野長官「地元意見や科学的知見を参考に」
福島原発統合本部が共同会見 参加条件にフリー記者らから意見集中

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。