ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

堀江被告の仮釈放もとめる「署名運動」ネットで始まる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
horie

 ライブドアの粉飾決算事件で、証券取引法違反の罪に問われた元ライブドア社長の堀江貴文被告の上告が棄却されたことを受け、ネット上では堀江被告の仮釈放を求める「署名運動」が起こっている。

 署名運動の動きは、堀江被告が2011年4月30日に自身のブログで「遂に最高裁への上告が棄却されてしまいました。」と題する記事を公開した直後あたりからツイッター上で始まったもので、あるツイッターユーザーが堀江被告に「署名活動して、一定数の署名が集まっても、収監されるんですか?」と問いかけたことがきっかけだ。

 これに答える形で堀江被告は「はい。ただとんでもない数が集まれば仮釈放になるかもしれません。」とツイート。刑期満了となる前に刑務所から釈放される「仮釈放」に言及した。堀江被告の刑は懲役2年6ヶ月。逮捕直後に拘置所で過ごした未決勾留期間があるため、実際には2年4ヶ月程度になるとみられるが、仮釈放されると、それよりさらに短い期間で社会に復帰できることになる。

 堀江被告はその後、別のユーザーから「とんでもない数、ってどのくらいですか?10万人くらい??」と問われると、「たぶん、そんなに集まったケースはないと思います」とつぶやき、「署名はwebからコメントで集めるのはダメなのでしょうか?」との質問には、「有り難い事です。署名サイトとかあるみたいです。法務大臣宛とかでいいのかなー?」と、ネット上で署名を集める署名サイトを自ら紹介している。

 こうしたやりとりを多数のユーザーがリツイート(他者の発言をそのままつぶやくこと)。堀江被告自身も「誰かがプロジェクト作ってくれると嬉しいかも」とつぶやき、こうした動きを歓迎。30日夜には、署名サイト「署名TV」に「ホリエモンの仮釈放を要求する署名」のページが作られ、実際に署名活動が始まった。

◇関連サイト
・ホリエモンの仮釈放を要求する署名 – 署名サイト
http://www.shomei.tv/project-1753.html

土井大輔

【関連記事】
元検察官・郷原氏、裁判所にとってホリエモンは「不良少年だった」
ツイッターでのやりとりで実現 堀江貴文被告の緊急会見
堀江貴文被告緊急記者会見(1) 「ゆっくり刑務所の中で本でも読みたい」

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。