ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面倒な北米の入国審査を「たった数分で終わらせる方法」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行はとても楽しいものですが、面倒くさいのが入国審査です。管理や治安を守るために必要なのは理解できますが、もう少し待ち時間を短くできないものでしょうか?

・時間の大幅な短縮が可能
そんな入国審査でイライラしている人に朗報です。「北米の入国審査をたった数分で終わらせる方法」が話題になっています。場合によって数十分も行列に並んで入国審査を待たなくてはなりませんが、この方法を使うと時間の大幅な短縮が可能とのこと。その方法とは!?

・搭乗券無人発行機
北米へ入国する一般の日本人は、事前にESTA(エスタ / 電子渡航認証システム)に登録する必要がありますが、ESTA登録後に一度でも北米に入国している人は、北米国民(U.S Citizen)のKIOSK(キオスク / 搭乗券無人発行機)を利用できるのです。

・並ぶ必要はない
日本人でも、北米国民ゲートの搭乗券無人発行機を利用できるというわけですね。KIOSKを通過したら、あとは職員からの簡単な質問に答えて入国するだけ。数十分も入国審査のゲートに並ぶ必要はないそうです。

・要な北米内の空港なら可能
一度でも北米に入国したことがある人は、試しにやってみてはいかがでしょうか? ジョン・F・ケネディ国際空港やロサンゼルス国際空港、マイアミ国際空港など、主要な北米内の空港ならどこでも可能のようです。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/09/10/kiosk/
Via: KIOSK

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP