体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

唐揚げの味変、いろいろ試してみたらこうなった

f:id:uralatokyo:20150821202424j:plain

スーパーのお惣菜コーナーでも、幕の内弁当でも、コンビニのレジ横にある揚げ物コーナーでも、そして居酒屋などアルコールを出す店でも、共通して置かれている料理といえば鳥の唐揚げ。学校給食でも唐揚げはあるし、会社員のランチでも「唐揚げ定食」は定番メニューですよね。唐揚げ、どんだけ愛されてるんだ。

この幼い子どもから酒豪のおっさんまで幅広く支持を得ている唐揚げ、たまにはほんのひと手間だけ加えて「味変」してみませんか。とはいえ、誰もが自宅で唐揚げを作るとは限らないので、衣に味を付けるという方法は却下。

ということで、唐揚げの上にソース的なものを乗せる方向でいろいろやってみました。

ソースを手作りするのは面倒という人もいるでしょうから、基本的にはたいていのスーパーで買えそうなもので味変してみましたよ。

タルタルソースやカレー風味マヨネーズ、スイートチリソースなど、すでにメジャーなものは除外するとして、結果はご覧のとおりです。

 

唐揚げどーん。いざ!

f:id:uralatokyo:20150821202435j:plain

 

大根おろし&ポン酢

f:id:uralatokyo:20150821202542j:plain

ファミレスのメニューでもよく見かけますが、麺つゆではなくポン酢というところがポイントです。ポン酢はメーカーによってかなり味に差がありますが、個人的にはこの「ゆずか」が一押し。まろやかな酸味で、値段も300円程度と良心的です。私はずっとポン酢が苦手だったのですが、友人にゆずかを教えてもらってから、ポン酢が苦手なんじゃなくてそれまで使っていたポン酢の味が苦手だったのだと知りました。余談ですみません、ポン酢じゃなくて唐揚げの話ですね。

唐揚げと大根おろしの比率を1:1くらいにして、ポン酢もだばっとかける。あ、ゆずかならね。ほかのメーカーだと酸味がきつくなりすぎるかもしれないので、そこは加減してください。

「唐揚げと大根おろしとポン酢とそれぞれの味が見事に溶け合って、いっそ何食べてるのかわからないほど」というのは大げさですが、この3点セットのマリアージュは見事です。醤油や麺つゆじゃなくてポン酢(しつこいけどゆずか)がいい仲介役をしているのです。大根おろしたっぷりという点も、揚げ物を食べているという背徳感をやわらげてくれます。これはおすすめです。ぎりぎりメジャーに分類されてしまうかもしれませんが、紹介せずにはいられないおいしさです。

 

ナムル盛り合わせ

f:id:uralatokyo:20150821202604j:plain

ナムルって意外でしょう。でもスーパーの総菜コーナーであれこれ物色していて、これはいけるんじゃないかと思いました。案の定、ほうれん草のナムルは、唐揚げと和えたメニューがあってもいいんじゃないかってほど相性よかったです。

唐揚げ&もやしは悪くはないですが、それなら唐揚げ&もやし&ほうれん草という三つ巴のほうが味に安定感がありました。

1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。