ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋がひとつ終わったら、仕事に集中するチャンス到来!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(「ライフハッカー(日本版)」より転載)
ひとつの恋愛が終わると、まるでこの世のすべてが終わりを告げたような気分になります。
今まで当たり前のようにできていたことも、手につかなくなってしまうのが恋の破壊力。失恋して泣きまくって、家にこもる……なんてことは、もうできません。私たちには、明日もやらなくてはいけない仕事が待っています。
失恋したら、仕事が手につかないと思っている人も多いかもしれません。しかし、失恋後はむしろ仕事に集中できるチャンスに変えることだってできるんです。

目の前の仕事をこなすことが失恋克服への第一歩

プロジェクトがあるのに頭が破局のことでいっぱいだと、仕事をする気分ではないかもしれません。しかし、1つずつ、今取り組んでいる作業に力を尽くすことに集中しましょう。それが終わるまで、次のことは考えません。(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

目の前の仕事に集中すること。
とてもシンプルなことかもしれませんが、終わってしまった恋で頭がいっぱいなときこそ、目の前の仕事に意識を集中しましょう。仕事がひとつ終えることで達成感が生まれ、恋愛では満たされなかった心を少しだけ満たしてくれます。

失恋の事実から逃げないで、ときに向き合ってみる

仕事がある日は、時々休憩をとり、破局したことについて考えてみましょう。『How to Get Over Your Ex』の著者であるJose Gonzales氏は、これを「考える時間」と呼んでいます。彼は、この時間に自分の感情について考えたり、心を癒す方法を学ぶことを推奨しています。たとえば、友人と破局について語り合ったり、状況とどうやって折り合いをつけていくかについて書かれた記事を読むことです。「考える時間」を持つ目的は、失恋の痛手から立ち直り、感情のコントロールを取り戻すことにあります。(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

仕事の日だって、休憩中の過ごしかたは自由。逃げたくなる恋の痛みに向き合うことは、新しい恋に進むために必要なエッセンスです。
「考える時間」を作ることで、それ意外の時間は仕事や別のことに集中するようにしましょう。そのうち、考える時間が減っていきます。失恋時もメリハリがポイント。

恋人との時間は、新しいことに挑戦できる自由の時間

仕事の後で元恋人の家に立ち寄る習慣があったなら、空いた時間に、ジムに行くなど別の予定を入れましょう。辛い感情の引き金となる物事に終わりを告げるために、新しい習慣を確立する必要があります。これは、仕事の効率を上げるためだけではなく、心を癒すための大切なステップなのです。(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

1日のなかで、恋人との時間が多ければ多いほど、別れたあとのぽっかりと穴があいたような虚無感は大きいもの。でも、その時間をずっと元恋人のために空けておくなんて、もったいない!
その時間は、あなただけの自由の時間です。気になっていたレストランへ出かけたり、はじめてみたいと思っていた習い事の体験に行くのも、全部自分の自由。
新しい予定を入れたら、その時間のために仕事もはかどりそう。ひとつの恋が終わるとき、失うことばかりではありません。新しい世界を取り込むチャンスだと考えると少し心が軽くなる気がします。
ライフハッカー(日本版)
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
仕事中に音楽を聞くって悪くない、むしろ効率アップ!
そろってる? 自立した働く女性が持ちたい三種の神器
「gene」×「WRITES」ライター募集中!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP