体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日帰り旅に最適! 青梅の老舗蔵元「小澤酒造」&全国日本酒きき酒イベント「武蔵の國の酒祭り2015」

f:id:Meshi2_IB:20150901215459j:plain

創業1702年。江戸の元禄時代から続く酒造は意外に近代的!?

東京の西側、それもかなり西側、立川駅からJR青梅駅に乗り換え約45分のところに「沢井」という駅がある。都内でも有数の行楽地、奥多摩へ行く途中の駅だが、この沢井駅も、今や東京で大人気の観光スポットになっている。外国人も多く含まれる観光客のお目当ては、この地にある「小澤酒造」。銘酒「澤ノ井」の蔵元であり、関東を代表する酒造メーカーである。

 

ではさっそく沢井駅で下車してみよう。

f:id:Meshi2_IB:20150901210212j:plain

沢井駅は、青梅市にある。

f:id:Meshi2_IB:20150901210427j:plain

駅の階段を昇ると改札が……と思ったら、そこには誰もいない。そう、無人駅だ。日本の人口稠密地帯、東京に無人駅!ちょっとした驚きだ。

f:id:Meshi2_IB:20150901210627j:plain

駅前の坂を下ること2分。

f:id:Meshi2_IB:20150901210718j:plain

左手に小澤酒蔵が見えてきた。老舗らしく、風格のある外観だ。

f:id:Meshi2_IB:20150901211236j:plain

案内してくださったのは蔵元の22代目にあたる小澤順一郎社長。

f:id:Meshi2_IB:20150901211620j:plain

小澤酒造では無料の見学コースが設けてあり、通常はこの待合室でまず日本酒の作り方をレクチャーしてもらえる(月曜定休、月曜が祝日の場合は火曜休)。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。