ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

充電切れの心配解消!ソーラー発電するiPhoneケース「SUNNY」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外出時やアウトドアアクティビティ時に、iPhoneの充電切れの心配を解消してくれそうなケースが登場した。ソーラーパネルで発電して端末を充電できる「SUNNY」だ。

・内蔵バッテリーに蓄電

SUNNYはiPhone 6専用。ケースの背面が手帳のように開くようになっていて、そこにソーラーパネルが搭載されている。

パネルで発電された電気はケース内蔵のバッテリー(2000ミリアンペア)に蓄えられ、iPhoneの電池残量が少なくなったときに、そこから充電できるという仕組みだ。

なので、スポーツやキャンプなど屋外でアクティビティを楽しむときも、晴れていさえすればバッテリーの残量を心配する必要がなくなる。

・発電メーター付き

太陽光を活用した発電・充電ガジェットは新しいものではないが、SUNNYのポイントの一つはどれくらいの電気を発電したかがわかるメーターがついていること。

そして、開発元によると、他のソーラー発電ガジェットに比べて、iPhoneを充電するスピードが約4倍と早いのも売りという。

・エコ発電で懐にも優しく

日常でもオフィスや自宅の日当たりのいいところに置いておけば、ちょっとしたエコ発電となり、単にスタンドとしての利用もできる。

便利で、環境とお財布にも優しいこのケース、Appleの「Made for iPhone」認証を取得済みだ。

興味のある人はクラウドファンディングサイトKickstarterをチェックしてほしい。今なら75ドル〜(日本への送料はプラス10ドル)で入手できる。出資期限は10月1日となっている。

SUNNY/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP