ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森山直太朗 9月末から活動小休止「スタッフから休めばと言われたのがきっかけ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月9日にニューシングル『生きる(って言い切る)』をリリースした森山直太朗。その前日となる9月8日【シングル発売前夜祭スペシャル】と題したニコ生特番イベントに登場した。

森山直太朗 発売前夜祭イベント写真一覧

 イベントには多数の観覧応募者から選ばれたファン40名を招き、『音楽と人』編集部の樋口靖幸とともに新曲についてのトークを展開したが、その中で直太朗本人から“緊急発表”が。「新曲にまつわる活動が今月末まであるんですが、その活動をもってひとまず活動を“小休止”しようと思っています」と、9月末から“活動小休止”することを報告した。しかし、樋口氏に「“小”休止って? 3年くらい?」と聞かれると、「今考えてるのは半年くらいです」と説明。突然の休止宣言に息を飲んだ会場のファンからは安堵の声がこぼれた。

 そして「去年スタッフから休めばと言われたのがきっかけ。出来てくる作品は密接に日々の過ごし方とか呼吸のあり方とつながっているものだけど、その部分をおろそかにしてきたのかなと。何が本当にしたいのかを考える時間になると思う」と、今後のさらに充実した音楽活動の為の活動小休止であることを明かした。

 イベントの後半には、ギター弾き語りによる生ライブを披露。ニューシングルにもライブ音源が収録されている「黄金の心」「太陽」、そして最後に「ツアーを経て、節目の時に向かって出来た曲です」と話し、新曲「生きる(って言い切る)」を歌唱、渾身の歌声を聴く者1人1人の心に響かせた。

 「小休止とは言いつつ自分としては大きな意味での音楽活動の一環ととらえています。生活を一度見つめなおして、来年、新曲が出来たら戻ってくるつもり」という直太朗。活動小休止期間を経て、さらにパワーアップして帰ってくる日を楽しみに待ちたい。

関連記事リンク(外部サイト)

森山直太朗「生きとし生ける物へ」「愛し君へ」など貴重ライブ映像公開
高城れに復帰の号泣と喜びで締め括った【坂崎幸之助ももいろフォーク村デラックス】
音楽バラエティー『バナナゼロミュージック』A.B.C-Z/西内まりや/乃木坂46/ヒャダイン/森山直太朗/山崎まさよし出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP