ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初、マグネットタイプの高速チャージャー!1つでLightning・マイクロUSB両方に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンにタブレット、ノートPCなどのさまざまな電子デバイス。これらを多用しているガジェット好きには、常に充電の問題がつきまとう。

iOSにはLightningコネクタ、AndroidならマイクロUSBコネクタと、2種類のチャージャーを持ち歩く必要があった。

・世界初のマグネットタイプの高速チャージャーがIndiegogoに登場

今、クラウドファンディングIndiegogoで資金集めをおこなっている「ZAPTIP」は、世界初のマグネットタイプのチャージャー。スマートフォンなら90分でフルチャージが完了するという。

・Lightning、マイクロUSB両方に対応!

しかも1つのチャージャーで、Lightning、マイクロUSB両方に対応できるという。

開発元のCharge Labsでは、どうしたら今まで以上に高速で簡単にチャージができるか、6年間に渡ってチャージケーブルの開発に携わってきた。

そこでたどり着いた結論が、マグネット方式のチャージャーを改良する手法だ。

・90分でスマホをフル充電

20台のスマートフォンデバイスでテストしたところ、平均90分でチャージが完了し、場合によっては、他のチャージャーと比較すると、2倍の速さで充電が終了したという。

・ソケット部分を取り替えられる

チャージャーはLightning、マイクロUSB両方に対応しており、先端のソケット部分が取り外せるようになっている。

つまり、デバイスに応じてここを取り替えるだけでよく、1つのチャージャーケーブルを持ち歩くだけで済むというわけ。

・“くっつける”ように接続、完全リバーシブル

ちなみにマグネットタイプなので、デバイスの充電コネクタ部分に“くっつける”ように接続する。

リバーシブルなケーブルであるため、チャージャーの上下の正しい向きに注意しながら差し込む……なんてことは不要だ。

また、デバイスにケーブルを差し込むタイプと違い、誤ってケーブルに足をひっかけても、マグネットタイプなのですぐ外れ、デバイスの内部構造を傷つける不安もなくなるだろう。

シンプルなコンセプトながら、便利で有用な「ZAPTIP」チャージャー。気になる人はお早めにチェックを。

ZAPTIP

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP