ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷川きよし、9/29発売「愛しのテキーロ・男花」ビジュアル解禁&本人コメント到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

​氷川きよしが、​9月29​日に初の両A面シングル「愛しのテキーロ・男花」を発売する。本日、ビジュアル写真とA・B・Cタイプのジャケット写真が公開、本人によるコメントも到着した。

シングルは、久々のリズム歌謡で情熱的なラブソング「愛しのテキーロ」と、​7月に発売されたアルバム​「​新・演歌名曲コレクション」に収録されていたオリジナル曲「男花」を、​ファンによる​熱い要望にこた​えてシングルカット​している。​カップリング曲とビジュアルが異なる、A​タイプ、B​タイプ、C​タイプの3種類で発売される​。

​また、10月1日には東京・池袋サンシャインシティアルパB1F噴水広場にて、10月3日には大阪・千里セルシーのセルシー広場にて発売記念イベント​も行われる。発売記念イベント特典も決定しているとのこと。詳細はオフィシャルページまで。

氷川きよし コメント

いつも氷川きよしの歌をお聴きいただきありがとうございます。
おかげをもちまして、2015​年シングル第2​弾が9​月29​日に発売になります。

今回はなんと、氷川きよし初の“両A面シングル”となります!
1​曲目は「愛しのテキーロ」という大人で色っぽい雰囲気の曲。
歌っていて胸がキュンキュンしてしまいます。これまでと違った、また新しい氷川きよしの歌の世界をお聴きいただければと思います。

そして、もう1​曲は全国のファンの皆様の熱いコールで決定した「男花」(シングルバージョン)です。
「男花」は、7​月に発売したアルバム「​新・演歌名曲コレクション~さすらい慕情~」に収録されていたオリジナル曲ですが、発売以来、ファンの皆様の絶大なご支持を受け、たくさんのリクエストをいただいて、番組で歌わせていただくという奇跡が起きました!
それ以来、「『男花』をシングルカットしてほしい!」という皆様の声がさらに盛り上がり、ついに今回、両A面というかたちで、「男花」をシングルに入れさせていただきました!
皆様、ありがとうございます!

アルバムでは詩は2.5コーラスでしたが、シングルバージョンでは3​コーラスにさせていただき、アレンジもさらに勢いのあるものになりました。皆様の声で実現したシングル化です!

​PV​も歌詞にぴったりの荒れ狂う~♪波と風の中で、シングル用に新しく撮影しました。
ドローンによる空撮が迫力満点の映像になっています。どうぞご期待ください!!

今回の新曲CD​は、1​曲目「愛しのテキーロ​」、2​曲目「男花」(シングルバージョン)、3​曲目がカップリング曲と、3​曲収録されています。
そして、さらにそれが!
​A​タイプ、B​タイプ、C​タイプと“ジャケット&カップリング曲違い”の3​種類のCD​を発売させていただきます。

「男花」は、4​年後のデビュー20​周年に向けて出港した氷川きよし号の決意そのものの曲です。
「愛しのテキーロ」「男花」、どうぞ応援をよろしくお願い致します。

氷川きよし

リリース情報
両A面シングル「愛しのテキーロ・男花」
2015年9月29日発売

【Aタイプ】COCA-17081 1300円(税込)

【Bタイプ】COCA-17082 1300円(税込)

【Cタイプ】COCA-17083 1300円(税込)

収録内容
1. ​愛しのテキーロ
作詩:橋詰亮子 / 作曲:YORI / 編曲:中山聡 / ストリングスアレンジ:石倉 重信​
2. ​男花(シングルバージョン)​
​作詩:梅原晃 / 補作詩:ヒロコウメフジ / 作曲:梅原晃 / 編曲:野中“まさ” 雄一 / ストリングスアレンジ:石倉重信​
【Aタイプ】C​/W ​あの娘の船はいつ帰る
【Bタイプ】C​/W ​波止場のおんな
【Cタイプ】C​/W ​北国夜行

イベント情報
<東京地区>新曲「愛しのテキーロ・男花」発売記念イベント
2015​年​10月​1日​(木)池袋サンシャインシティアルパB1F噴水広場 17:00~(30分程度)
<大阪地区>新曲「愛しのテキーロ・男花」発売記念イベント
2015年​10​月​3日(土)千里セルシー セルシー広場1)13:30~ / 2)15:30~(各回とも30分程度)

「愛しのテキーロ・男花」発売記念イベント特典
A・B・Cタイプ同時購入でCD3枚収納の特製BOXを先着でプレゼントします。

関連リンク

■氷川きよし 日本コロムビア公式サイトhttp://columbia.jp/hikawa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。