ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2015年9月)、Lollipopのシェアが20%を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 9 月 8 日、Android のバージョン別シェアの統計データを更新しました。今回のバージョン別シェア(括弧内は前回)は、1 位が KitKat 39.2%(↓39.3%)、2 位が Jelly Bean 31.8%(↓33.6%)、3 位が Lollipop 21.0%(↑18.1%)、4 位が Gingerbread 4.1%(↓4.6%)、6 位が Ice Cream Sandwich 3.7%(↓4.1%)、7 位が Froyo 0.2%(↓0.3%)という結果でした。今回、シェアの順位に変化はなく、また、Lollipop がシェアを伸ばし、他のバージョンがシェアを下げるという動きに変化はありませんでした。最新の Lollipop に注目すると、ついにシェアが 20% 台を突破しました。5 台 に 1 は Lollipop 端末ということになります。今の新機種のほとんどは Lollipop で発売されており、また、Lollipop へのアップデートも盛んに行われているので、当面は Lollipop がシェア拡大を続けていくものと予想されます。Source : Android Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
SoundTape : YouTube動画を手軽にバックグラウンド再生できるAndroidアプリ、MP3ダウンロードも可能
Android版eBayがv4.0にバージョンアップ、アプリUIがリニューアル
NTTドコモ、Xperia Z4のソフトウェアアップデート(28.0.B.0.488)を開始、カメラのエラー問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP