ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口組分裂で一触即発臨界点越す 防弾チョッキ両陣営に送付

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“日本最大の暴力団”山口組の分裂が明らかになった。いま最も恐れられているのは分裂による抗争が起きるかどうかだ。日本でもっともヤクザに詳しいライター・鈴木智彦氏が、その可能性について各方面からの情報を基に分析する。

 * * *
 かなり早い段階で、山口組からの離脱組は自分たちの大義を新聞社経由で発表したがっていることが分かった。抗争になれば大義名分が不可欠になる。

 現実には強い者の言い分が筋で、最終的に暴力の勝負とはいえ、離脱という大罪を背負った側は、その理由を喧伝しなければならない。というのも暴力団には「親分が絶対」という建前があり、これをひっくり返すのは難儀なのだ。

 だからクーデターの大半はトップが死に、または引退し、親分・子分の疑似血縁制度の縛りが消滅した時に表面化する。その点、今回のクーデターは、極めて異例だ。

「一和会のほうがまだマシだ。今回はみなが司忍六代目と縁を持っている。なにを言ったところで、大義なき逆賊だろう」(山口組二次団体幹部)

 1981年に田岡一雄三代目が病死して以降、跡目を巡って勃発した山一抗争(※注)とは、ここが決定的に違う。ヤクザ的な物差しでは、離脱組は明らかに不利なのだ。

【※注/1984年に竹中正久が四代目を襲名したことに反発した反竹中派が「一和会」を結成。竹中組長は一和会に殺害されたが、山口組の報復が激化。1989年の終結までに双方で25人もの死者を出した】

 抗争の可能性は極めて高い。暴対法も暴排条例もヤクザのメンツの前には意味がない。確信しているのには理由がある。山口組関係者からかかってくる電話は、明らかに変化している。

「親分に内緒で、山健の四代目(離脱一派を率いる井上邦雄組長)の継承盃(代替わりの儀式)のビデオ、あと取材で撮った行事の写真あったら欲しいんだ」(同前)

 当然拒否する。目的は一つ、組員の顔を把握したいという意味だ。銃声がなるかはともかく、抗争は準備段階に入ったと考えていい。九州における道仁会と九州誠道会の抗争でも、ヒットマンたちは襲名ビデオのキャプチャー写真を持っていた。全国各地の団体から防弾チョッキが両陣営に送られているのも事実だ。一触即発の臨界点は過ぎている。

 加えて、山口組側から発信されるリークがきな臭い。破門・絶縁処分には、「トップ当人だけ」という注釈が付いた。親分は絶対だから、分裂になれば若い衆はそれに殉じるのが筋だ。だから離脱組の組員はヤクザの鑑であり、罪はないという意味である。これは切り崩し工作の一環で、すでに離脱組の中で組織が二分している団体が3つある。

「六代目の親分(司忍組長)は『山健組のように、これまで山口組のために血を流してきた名門の名跡がなくなるのは忍びない。普通こんなことになれば、全部の組織が未来永劫お取り潰しだが、もし戻ってくるならそのまま残す』という意向だ」(山口組直参組長)

 担ぎ手がいなければ、御輿は走れない。二次団体まで割れた場合、下部組織と付き合いのある業者は「みかじめ料はどちらに払うべきか」と混乱するだろう。

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
司忍・六代目山口組組長が語っていた「弘道会の強さの秘密」
山口組分裂問題 半グレ同士の対立をもたらす危険性指摘される
38年ぶりに新創刊の山口組新報 俳句や川柳、釣り特集もあり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP