体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっとチョコレートを食べるべき「科学的な10の理由」

eat-chocolate150901-01

「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究成果を並べてライターJustin Gammill氏が、チョコレートやココアの甘い誘惑を支持しています。読めば納得、甘党でなくても注目したくなる体に嬉しい効果がたくさん!

01.
神経血管に働きかけ
脳を活性化させる

eat-chocolate150901-02

アメリカ国立老化研究所と国立心肺血液研究所(NHLBI)が、ハーバード大学医学部で共同研究を実施。神経学のオンラインジャーナルに研究結果が掲載されたのが、2015年8月7日。その内容はじつに興味深いものでした。
「神経血管の関係性と大脳白質の整合性および、高齢者におけるココアの反応調査」と銘打たれたこの研究。平均年齢73歳の認知症を患っていない、60名の参加者を選出し、被験者らに30日間、毎日温かいココアを2杯ずつ摂取してもらいました。カカオマスを脱脂してパウダー状にしたのがココア。この間、チョコレートは一切口にしていません。
60人の被験者のうち18人は、何らかの脳の損傷により脳血流のテストを受診した経験がある人々。ココアを摂取した後、その18人は、ワーキングメモリと脳血流のテストにおいて、明らかに改善傾向を示しました。このことから、神経血管の関係性と認知機能の間には強い相関関係があり、いずれの疾患をもつ人にも、「ココアを摂取することで改善に向かう」可能性があることを結論付けたのです。

02.
じつは、スーパーフード並に
栄養素が豊富

eat-chocolate150901-03

KISSチョコでおなじみ「HERSHEY’S」が設立運営する、健康と栄養のための研究施設ハーシーセンター。ここで行われた研究で、特定の種類のココアとチョコレートに、ブルーベリーやアサイーのような果実よりも、高い抗酸化物質を含んでいる証拠を示しました。
フリーラジカル活性によって引き起こされる、細胞損傷に対抗するには、抗酸化剤は大変重要と考えられています。それは、抗酸化剤を摂取することで、関節リウマチや糖尿病の発生を予防することができると考えられているから。この効果がチョコレートにもあることが判明したのです。

03.
血液をサラサラに
心臓への負担を軽減

ボストンの医療機関で25歳〜93歳まで、のべ4,970人の参加者に対して行われた大規模調査。ここで判明したのは「チョコレートの摂取は、冠状動脈性心疾患(CHD)と関連している」こと。
普段からチョコレートを食べている人ほど、冠状のリスクが少なく、より多く食べている人は、CHDのリスク自体低下していることが判明しました。2010年のジャーナルに掲載された結果です。

04.
気分をハイにしてくれる!

eat-chocolate150901-04
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。