ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とりビー派も朝ビー派も。代官山「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」でクラフトビール新メニューを飲むべし!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

巷では空前のクラフトビールブーム。続々と新店がオープンしています。「ビールって苦いばかりで、全然おいしさがわからない……」と思っていた人も、クラフトビールを飲んでみて「あ! これならイケるかも!」と開眼した人も多いのでは?

実は筆者もそんなひとり。「そもそも『とりあえずビール』の意味がわからん!」と思っていたのですが、特にこの時期は、「やっぱり一杯目はビールが一番! 特にホップの香りが華やかで、コリアンダーが効いてるちょっとフルーティなやつ!」とか、ちょっとビール通気取りで思っちゃうんですよね。

そんなにわかビール通も真のビール通も、こぞって注目しているのが、今年4月ログロード代官山にオープンした「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」。あのキリンビールが子会社を作ってまで立ちあげたクラフトビール専門店とあって、時間によっては予約が取りにくいほどの盛況となっています。

例えばこの「ペアリングセット」(税込2,000円)。個性豊かなビール6種類と、それぞれのビールに合わせたおつまみが味わえるんですよ! ビールとおつまみのマリアージュ!

これは足を運ばないと……と思っていたところ、ちょっとした噂を聞きつけました。それは「メニューに載っていない特別なビールがひそかに提供されているらしい」というもの。そこで、お店のかたに直撃取材してみました!

 

――メニューに載っていない特別なビールがあると聞いたのですが、本当ですか?

「はい、ございますよ(あっさり)」

――!! それはいったいどんなビールなんでしょうか。

「『ビアインフューザー』というビアサーバーにフルーツやホップなどお好みの素材を入れ、そのなかにビールを通すことで香りづけをする「カスタマイズビール」です。『ビアインフューザー』は当社が独自開発を行った完全オリジナルの装置で、『ビアバリスタ』と呼ばれるスタッフがカスタマイズしている様子を、直接見て楽しんでいただくことができますよ。

これがその「ビアインフューザー」。スタイリッシュ!

ビアバリスタがビールをカスタマイズしてくれます。

 

――今までにどんなカスタマイズビールを造られたんですか?

「当店のフラッグシップブランドである『496』をオーストラリア産ホップの『Galaxy』でカスタマイズしたビール『496×Galaxy』や、ラズベリーの香りが爽やかな『JAZZBERRY』にシナモンを合わせたビールなどを造りました。特に『496×Galaxy』はカスタマイズしている様子や香りの変化のインパクトが大きく、多くのお客様によろこんでいただけましたよ。

――ちなみに、現在試作されているカスタマイズビールはありますか?

「季節柄、さわやかな柑橘系の素材をいろいろテストしているのですが、まだ納得のいく味になっていないんです。完成しましたらぜひご提供したいと思うので、今しばらくお待ちください! それとはまた別ですが、10月に今年収穫したホップで造ったビールの解禁を祝う『フレッシュホップフェスト』というイベントを予定しています。このイベントのために数量限定のビールを考えていますので、そちらもぜひ楽しみにしていてください」

「カスタマイズビール」は今のところ1日数量限定50杯で提供されているとのこと。味わいや価格も素材によって異なるので、その日にしか出会えない「一期一会の味」を楽しみたいですよね。

 

お店は朝8時(!)からオープンするとあって、ちらほら「朝ビール」を楽しむ方もいれば、平日でもランチ時にビールを注文する方もいるそう。「夜・仕事終わり」だけではない新しいビールの飲み方が浸透し始めているのかもしれませんね!

 

お店情報

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO
東京渋谷区代官山町13 ログロード代官山内
TEL:03-6416-4960
営業時間: 8:00~24:00 (L.O.22:30)、日祝 8:00~22:00(L.O.21:00)

ワクワクするビールの未来を。SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)

 

書いた人:大矢幸世

転勤族の父親と夫を持ったがために、愛媛群馬東京京都福岡鹿児島福井を渡り歩いた流浪系ライター。現在地は東京。地元はしいて言えば福岡。立命館大学卒業後、百貨店勤務、フリーペーパーの編集を経てフリーランスに。月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。著書に『鹿児島カフェ散歩』(書肆侃侃房)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP