体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっとこれが、人生で一番大切な3日間。「ぼくらの家路」

ぼくらの家路_メイン

ドイツ、ベルリン。突然消えた母親を捜して、10歳と6歳で旅に出た。 お金も食べ物も眠るところもないけれど──きっとこれが、人生で一番大切な3日間。

2014年の第64回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、賞賛を浴びたドイツ映画『ぼくらの家路』が、9月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開される。
「並外れた演技力」「忘れがたい」「彼を見るための映画」とメディアから絶賛されたのは、撮影当時わずか11歳で、これが俳優デビュー作となるイヴォ・ピッツカー。ドイツ中で6カ月もの間、毎日開かれたオーディションの最終日に、何百人という応募者の中から見出された逸材。

彼が演じるのは、主人公のジャック。幼い弟のマヌエルと二人で、突然いなくなった母親を捜し歩く。私たちが思わず親や親戚の目で見守ることになるのは、そんな彼らの3日間の旅。お金も食べ物も、寝るところもなく、頼れる大人もいない二人に次々とハプニングが襲い掛かる。まだ靴紐も結べない、か弱い弟を守るために、勇気と知恵をふり絞って次第にたくましくなっていくジャック。緊迫感あふれるカメラが迫る、魅惑的なベルリンの街の素顔も見どころの一つだ。

ぼくらの家路_sub01

STORY

10歳と6歳の兄弟が母を捜す3日間の旅
子供が大人になる切なくも希望に満ちた瞬間を切り取った感動の物語
旅の終わりに、弟を想うジャックが下す、重大な決断とは──?

10歳のジャックは、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれど、まだ若いシングルマザーの母は、恋人との時間や夜遊びを優先していた。ところが、ある事件からジャックは施設に預けられることになる。
友達もできず、施設になじめないジャック。待ち続けた夏休みようやくが来るが、母から迎えが3日後になると電話が入る。がっかりしたジャックは、施設を飛び出す。夜通し歩き続けて家に着くが、母は不在でカギもない。携帯電話は留守番メッセージばかり。ジャックは母に伝言を残すと、預け先までマヌエルを迎えに行く。仕事場、ナイトクラブ、昔の恋人の事務所まで、母を捜してベルリン中を駆け回る兄弟。小さな肩を寄せ合う二人は、再び母の腕の中に帰ることが出来るのか──?

9月19日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会