ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MVNOリリースラッシュ!?So-net、hi-ho 新プラン発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新型iPhoneの話題で持ちきりになりつつありますが、MVNO業界では次々と新サービス・新プランの提供を発表しています。
本日、9月8日、So-netは同社が提供する「PLAY SIM」の新カテゴリとして、音声通話対応SIMのプランを2種類ラインナップ追加しました。これまでSo-netでは、データ通信プランのSIMは提供しておりましたが、音声通話対応SIM単体でのサービス提供はなく、端末セットプランでのみで利用可能でした。
今回の追加により従来のデータ専用SIM(SMS付含む)だけでなく、音声通話も選べるようになったので、ユーザの利用シーンはより広がりました。プラン詳細は下記の通りです。

プラン名 2G/ month(V) 6G/ month(V)
月間データ通信量 2GB / 月 6GB / 月
データ通信速度 下り最大225Mbps / 上り最大50Mbps
SIMカードタイプ micro SIM、nano SIM
月額料金 1,480円 2,380円

販売されるパッケージにはSIMカードは同封されておらず、代わりに入っている説明書きにある通りアクティベートや手続きなどを行った後にSIMカードが自宅等の指定配達先に送付されます。また、MNPにも対応しており、その方法についてもパッケージに記載されているとのこと。

なお、音声オプションとして「留守番電話」サービスが月額300円、「キャッチホン」は月額200円となっています。どちらのプランも最低利用期間が12ヶ月間設けられており、その期間中に解約した場合は5,200円がかかるため、この点に関して注意が必要。

hi-hoは新たな端末セットプランを投入!
また、hi-hoからは「ZenFone 2 Laser」とSIMカードとのセットプランを10月1日より受付を開始します。

通常価格 2,150円からとなっており、2015年10月1日から31日までの間に申し込むと、月額1,980円で利用することが可能。SIMの種類もデータ専用から音声通話SIMまで選べ、ユーザの利用シーンに応じたモノを選択することができ、もちろんMNPにも対応しています。

また、セットプランには端末とSIM以外に、2年間無料で利用することのできるメールアドレス(3個まで)と、メールウィルスチェック機能(4個まで)も付属。かなりお得なセット内容となっています。

注意点としては、本プランは端末を一括で購入することができず、最低利用期間が2年に設定されています。いわゆるキャリアの2年縛りと同じような内容ではありますが、それでもキャリアで2年支払うことと比較すると随分と格安。ZenFone 2 Laserの性能は折り紙つきなので、2年程度であれば充分なパフォーマンスを保ったまま使用することができるのではないでしょうか。

新型iPhoneの発売後には、例年通りであればキャリアの新商品発表会が行われることが予想されます。そうしたビックイベントを前にMVNO業界はまだまだ新プラン・新戦略の発表が続きそうですね。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP