体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イイ話】伝説の画家ボブ・ロスが、地味な「灰色の絵」を描いた本当の理由・・・

生活・趣味

「絵は誰にでも描ける」

90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。

30分間の番組では、初心者でもできる描き方のコツを紹介しており、乾きが遅い油絵を短時間で完成させてしまう、とても高い技術をもったアーティストとして知られていました。

そんな彼の動画が再度注目を集めています。特に話題になっているのは「灰色の絵」を描いた時のこと。カラフルな色を使わずに作品を描いたことには理由がありました。

「色覚異常でも絵は描ける」

動画冒頭、この回で描く絵についてこんな説明が。

「最近、ショッピングモールで絵を描く機会があってね。ある男性にこう声をかけられたんだ。『ボブ、僕は今までに絵を描いたことがないんだ。なんでかっていうと僕は色覚異常だからさ、全部灰色に見えるんだ』って」

さらに、こう続けます。

「だから今日は、灰色を使って絵を描いてみたいと思う。絵は誰にでも描ける。あなたにそれを見せてあげたい」

「灰色の絵」が美しすぎる!

動画を再生すると、まず筆を入れたのは空の雲の様子から。始めはどんな絵かわかりませんが、山の輪郭を描き出してから徐々にその凄さがわかってきます。どうやら雪山のようです。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会