ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天才たちの「仕事部屋」を一挙公開!エジソン、ダーウィン、アインシュタインまで・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天才と呼ばれる偉人たちのワークスペースが、どんな場所だったのかが一目で分かる。イギリスのブラインドメーカー「Made to Masure Blinds UK」が、貴重なインフォグラフィックを作成しました。
人間は整然とした環境にある方が仕事の作業効率が上がるのか、はたまたその逆か?偉人たちの作業場を覗いてみましょう。

01.
書類やスクラップの山
アルバート・アインシュタイン

理論物理学者アインシュタインの机の上は、つねに書類やノートで覆われていたそう。きちんとモノゴトを作り込んでいくよりも、発想に重きをおいた人物。でも、そんなに心配する必要なし。もし、大事な書類を見つけたければ、スクラップの山からちゃんとそれを見つけ出せる。アインシュタインもそういう人物だったようです。

02.
膨大な作品の中から
新たな感性が生まれた
パブロ・ピカソ

生涯におよそ1万3,500点以上の油絵や素描を制作した、キュビズムの創始者パブロ・ピカソ。「絵画は部屋を飾るためにつくられるものではない」と語った言葉そのもの、彼のアトリエも所狭しと積み重ねられた作品に埋もれていた様子。南フランス・カンヌのアトリエで、およそ20年を過ごしました。

03.
ムダを省いて効率化優先
キュリー夫人

キュリー夫人の愛称で知られる、ポーランド出身の物理学者(女性初のノーベル賞受賞者)マリ・キュリーの机の上は整然としていたそうです。研究に必要な最小限のものだけしか机にはなかったとか。彼女が写真や装飾品をデスク周りに置かなかった理由は明快。ただ、作業を迅速かつ効率的に行うため。空想にふけっているような時間はない。それがマリ・キュリーのデスクからも伝わってきます。

04.
部屋の真ん中にビリヤード台
マーク・トウェイン

自分の考えを集約して、そこから次に何をすべきがを熟考し、導き出す。『トム・ソーヤの冒険』で知られるアメリカの小説家マーク・トウェインの仕事場には、大好きなビリヤード台が置いてあり、友人たちとゲームに興じていたそうです。原稿に目を通しながら、自分の番を待っていたのかもしれませんね。

05.
整然としたデスク周り
トーマス・エジソン

必要なものをカテゴリーごとに分類し、すべてのものの場所を明確に決めていたのが、生涯において1,300もの発明をした、トーマス・エジソン。このきっちりした性格が、異なる複数のタスクを同時にこなし、結果として誰もなし得ない、数々の発明を世に生み出すことになったのではないでしょうか。

06.
実験装置に囲まれた環境
ニコラ・テスラ

複数人の真ん中にデスクを構え、つねに全員の動きを把握していたのが、「テスラ・コイル」生みの親にして、今日の電気事業発展に貢献した電気技師ニコラ・テスラ。マッド・サイエンティストとも揶揄されたテスラのワークスペースには、高電圧・高周波実験装置が置かれていたようです。

07.
庭の真ん中に机を置いて
ヴァージニア・ウルフ

自然とのつながりを意識できる環境を求めていたのは、イギリスの女流作家ヴァージニア・ウルフ。書斎にはいつも花を飾り、天気のいい日には机を庭先に移動させて、インスピレーションを得ていたようです。

08.
農村の質素な一室
チャールズ・ダーウィン

イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンが好んだのは、自分のお気に入りのモノと、質素な暮らしを営む人々に囲まれた環境でした。イギリス農村部の素朴な部屋で人生の大半を過ごしたダーウィン。科学者たちと文通を重ねながら研究に没頭、1859年に出版された『種の起原』も、この部屋で書き上げたものです。

Licensed material used with permission by Made to Masure Blinds UK

関連記事リンク(外部サイト)

「独り言」の多い人は、頭が良かったことが判明。アインシュタインもそうだった!
日々の生活に刺激がないと思うあなたが、見直すべき「名作映画10選」
クリエイティブな人に共通する「19の特徴」。自分の意見をコロコロ変える!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。