ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広岡達朗氏 巨人・原監督に「全日本監督にでもなれ」と皮肉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の巨人、最大の戦犯はやはりこの人、原辰徳監督(57)ということになりそうだ。

「ケガ持ちの阿部(慎之助)や長野(久義)にこだわる、打たれ続ける山口(鉄也)、マシソン、澤村(拓一)にこだわる。今までの実績を無視した起用はどこへやらです。今季は負けるべくして負けている感じ」(50代男性ファン)

「うまくいかないとすぐに選手やコーチのせいにするコメントを出す。『週刊ポスト』でOBの広岡(達朗)さんがいっていた言葉がよくわかる。監督はお父さん(原貢氏)が亡くなってから本当におかしくなった。そろそろ限界だと思っています」(60代男性ファン)

 その広岡氏本人が語る。

「最近の原監督は“クリーンアップがいない”などとボヤいているが、どうしてそんなことをいうのかね。選手が揃っていないと戦えないというのなら、オールジャパンの監督にでもなればいい。

 戦力を作るのが監督の仕事なんですよ。打順をコロコロ変えて4番向きでない坂本勇人を4番で起用する。かと思えば二軍から上がってきた選手をすぐに4番で使い、ダメならすぐに引っ込めて二度と使わない。本当に分からない。彼には巨人の野球はこうあるべきというものがない」

 広岡氏の持論は、日本のプロ野球は、巨人が常にリードしてきたというもの。巨人のやることを他球団が真似をして進化してきた。

「巨人が頑張れば日本の野球は良くなるし、強くなるんです。原監督以下、巨人の首脳陣には、それだけの責任感をもってやってもらいたいものです」(広岡氏)

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手
巨人 選手たちの集団離脱は原監督から人心離れ始めた象徴か
広岡達朗氏 巨人選手の「最高で~す」発言に「大バカ野郎」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP