ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国発世界同時株安で経済政策担当の李克強首相辞任説急浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の上海株式市場での暴落が8月下旬の世界同時株安の大きな原因になったことを受けて、中国指導部内ではこの問題の責任を問う声が出ており、経済政策担当の李克強首相の辞任説が急浮上してきたことが分かった。

 英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」が「李首相に解決しにくい課題が与えられるため首相交替説は常にあった。いま李首相を交替するのは非常に危険だが、2017年の党大会で体面を保たせながら退任させる可能性がある」とのシドニー大学のケリー・ブラウン中国研究センター所長の発言などを引用して報じた。

 李首相は8月29日、経済情勢に関する会議で「(中国の)経済運営は新たな圧力にぶつかっている」と厳しい現状認識を示し、中国政府の経済政策がうまく機能していないことを暗に認めた。

 そのうえで、李氏は「最近の国際市場の混乱は世界経済の回復に不確定要素を与え、中国の金融市場や輸出入への影響が強まっている」と分析し、中国の今後の経済運営は難しい局面を迎えるとの見通しを示しながらも、「ことしの経済目標を達成する」と強調した。

 しかし、市場は李首相の経済運営に極めて懐疑的で、李首相が掲げている今年の国内総生産(GDP)成長率である7.0%の目標実現は、景気の減速などで達成を危ぶむ声も出ている。

 李首相の経済運営に疑問符が付きだしたのが、8月下旬の世界同時株安だった。上海株価指数が8月下旬の3日間で22%も下げて3000を下回り、2月上旬の年初来最安値の3049をも割り込んでしまった。6月12日に記録した5200の最高値から、わずか70日あまりで2200ポイントも落ち込んでしまったのだ。それまで、中国政府は6月から2000億ドル(約2兆4400億円)もの資金をつぎ込んで、下落する株式を買い支えようとしたのにだ。

 このため、李首相の経済運営に市場ばかりでなく、中国指導部でもその手腕に疑義を差し挟んだ。

 香港中文大学のウィリー・ラム教授は同紙に対し、「李首相の立地は最近の危機で確実に危うくなった。状況がさらに悪化し(習近平主席に)スケープゴートが必要になれば李首相が適任だろう」と述べて、李首相の辞任の可能性を強く示唆している。

 ラム氏が李氏の首相辞任説について可能性ありとするのは、首相の途中降板に前例があるからだ。

  1997年9月の第15回党大会で、当時の李鵬首相が権力序列2位は維持したまま全人大委員長に転出し、序列5位だった朱鎔基副首相が3位に上がりその後の5年間の首相を務めたからだ。

 中国情勢に詳しく、『習近平の反日作戦』(小学館刊)の近著もあるジャーナリストの相馬勝氏はこう指摘する。

「避暑のため、河北省の北戴河に長老や現役の最高指導者が集い、非公式に重要な政策などを協議する北戴河会議では、経済問題が中心議題になり、李首相の責任論が討議されたとの情報がある。それだけに、李氏の経済運営が批判されたのは間違いないところだろう」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
中国・李克強首相夫人が外交デビュー 習近平主席に対抗心も
中国ゴーストタウン問題 推進の李首相に党機関紙が批判記事

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP