体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀江貴文被告緊急記者会見(4) 「テレビの仕組みを変えたかった」

horie_zenbun4.JPG

 最高裁から上告を棄却されたことにより近く収監される見通しとなっている堀江貴文被告は2011年4月26日17時から、都内で自由報道協会の主催により開かれた記者会見に出席。会見で堀江被告は、「僕はテレビの仕組みも変えたかったし、ラジオの仕組みも変えたかった。色々なことを変えてより便利に、より生きがいのある社会にしていきたいと思っていた」とニッポン放送の株を大量取得して世間を騒がせた当時の考えを率直に語った一方で、「説明不足がすごくあったと思う」と反省する一面も見せた。

堀江貴文被告緊急記者会見(3) 「日本では、お上に逆らったら首を切られる」

 以下、本記者会見全文。

司会・自由報道協会暫定代表・ジャーナリスト・上杉隆氏(以下、司会・上杉氏):
 ツイッターのタイムライン上に記者クラブの記者に全然当てないでヤラセではないかと言われているがそんなことはない。ぜひどんどん質問して、フェアにやりたい。

TBS・カシタ氏(以下、カシタ氏):
 堀江氏がやろうと思っていた正しいことというものができなかった、中断されたということが時代のせいなのか、制度のせいなのか、どう考えるか聞かせて欲しい。

堀江貴文氏(以下、堀江氏):
 すべては諸行無常。起こっていることが真実なわけで、それに関して私が何か評価をしても仕方がないと思う。ただ、伝えること、僕が思っていることが僕の意図通りに皆に伝わるかというと、多分そんなことは100%あり得ない。原子力発電所が100%安全でないのと同じで、僕が言っていることが100%皆に伝わることはあり得ない。だから、そうやって100%に近づける努力をしなければいけないはずなのに、それを僕が怠っていたことがひとつは非常に大きな理由。

 出来の悪い生徒に100回説明しないとわからないという話をしたが、そういう作業が必要だと思う。ただ、面倒臭いのでそういった作業を結構サボってきた。丁寧にしつこく説明すること。よくこういったインタビューでも、はっきり言って質問者のレベルがものすごく低いことはよくある。はっきり言ってイライラする。イライラしてそれを押さえられないときはぞんざいな対応になる。それで敵が増える。あるいは意図がちゃんと伝わらない。それはすべて僕の責任。なので仕方がない部分もある。それが因果応報で私にまわってきたということだろう。

 これから僕がやっていかなければいけないことは、もっと丁寧に説明をすることだし、時間をかけることだと思うが、時間をかけるということが僕の短い人生の時間を消費することでもある。急がば回れという言葉がある通り、まさに私は急がば回れだった。思わぬところからそういったことになってしまったのではないかと思う。

カシタ氏
 それはつまり、ライブドアという会社を使って、堀江氏が世の中を良くしようとしていたけど、説明が足りなかったということか。

堀江氏
 説明が足りなかったのか、説明をいくらしても、すごいしつこく説明をしなければいけなかったのか、説明してもわからなかったかもしれない。

 例えば、よく言われる株式100分割。100分割をして流動性を上げて、個人投資家がポートフォリオを組んで、自由にどんどん投資をする。これはアメリカでは当たり前のことだが、なぜか日本では任天堂の株を買おうと思ったら100万円からしか買えないとか、はっきり言っておかしな仕組みになっていた。任天堂のお客さんは子供たちではないですか。子供たちが買えなくてもいいのかもしれないが、消費者が、企業の主要ユーザーが少しでも株を持って応援してあげようとか、そういう仕組みが資本市場なわけだが、それが全く機能してなくて、なぜか大型の投資顧問会社、機関投資家と呼ばれる人、一部のお金持ち、そういった人しか参加ができないようになっている。そういうものを変えたかった。

 僕はテレビの仕組みも変えたかったし、ラジオの仕組みも変えたかった。電波という貴重な資源をある意味浪費している部分もすごくあると思う。そういった仕組みを変えたかったし、色々なことを変えてより便利に、より生きがいのある社会にしていきたいと思っていたが、そこは説明不足がすごくあったと思う。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。