ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新スタイルの乗り物登場!軽くて折りたたみ可能、持ち運べる電気スクーター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ET自転車でも自動車でもない、新しいスタイルの乗り物が登場した。

・軽量で折りたためる電気スクーター

Royalplay Group Limitedが4年以上に渡って開発を進めてきた「E.T Scooter」という電気スクーターである。

軽量化され、折りたためる設計になっているので、持ち運ぶにもピッタリ。

・プロトタイプを改良してパワーアップ

以前、クラウドファンディングKickstarterで資金集めを実施したものの、目標額には届かなかったが、そこから重量とバランスの問題、耐久性、安全面といった問題点の改善、改良に取り組み、満を持して製品化が実現したのだという。

・本体重量はたったの16kg

ET2高品質のアルミニウムでできたボディで、なんと本体重量は16キログラムしかない。これなら持ち運びも可能だ。

最大160キログラムの体重の人まで乗せることができるという。

・高速で充電可能なリチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリーは、最低でも900回以上の充電サイクルに耐え得る。高速の充電スピードで、2~4時間で充電が完了する。

・最大時速45km、USBポートも搭載

ET3クルーズコントロール走行機能が搭載されており、最大速度は時速35~45キロメートル、最大走行距離は35キロメートルとなっている。申し分のない走行性能だろう。

また、Bluetooth接続機能やUSBポートもあるので、電子デバイスの充電をおこなうこともできる。

・プレオーダー受付中

現在、公式サイトで1390ドルでプレオーダーを受付中だ。

E.T Scooter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。