ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンティック-珈琲店-が野音ライブ開催、土砂降りを吹き飛ばす熱狂にDIVE

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作詞を大黒摩季が、作曲をdoaの徳永暁人が担当。さらにサウンドプロデュースを、UVERworldを筆頭に様々なアーティストを手掛ける平出悟が手がけた『千年DIVE!!!!!』を発売し、8月26日にメジャーデビューを飾ったアンティック-珈琲店-。同楽曲は、オリコンのシングルチャートで8位を記録。彼らへの注目度は確実に上がっている。

余談だが、メンバーは「オリコンのトップ10内へランクインしたら”スカイダイビング”をやります」と宣言していた。その公約も、きっと果たしてくれることだろう。今年の夏はワンマンツアーや代々木公園野外ステージを舞台にしたフリーライブなど精力的にカフェっ仔(ファン)たちと触れ合ってきたアンティック-珈琲店-が、「夏の思い出」の締めくくりとして、9月6日、日比谷野外大音楽堂を舞台にワンマンライブ「ANCAFESTA’15 SUMMER DIVE」を行った。

まさかの土砂降りに見舞われた日比谷野外大音楽堂でのライブ。夏の終わりを告げるように冷たい雨が降り注ぐ中、ライブは『SUMMER DIVE』から幕を開けた。メンバーの登場に合わせるよう、奇跡的に雨が小降りに。荒々しく飛びだした演奏に合わせ、会場中のカフェっ仔たちも身体を折り畳み、拳を振り上げ、雨に負けじと、熱い想いを舞台上に返してゆく。まさに、雨をも吹き飛ばす勢いだ。

「俺たちがこの5人になって初めて作った曲です」。唸りを上げ響き出した『覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A NAME~』。カラフルでポップなのに、身体へ激しい高揚感を与えてゆく楽曲だ。刺激的なビートに乗って駆けだした『狼MAN~Let’s make precious love~』。序盤から。気持ちがどんどん興奮へと導かれていく。

「今日はメジャーになって一発目のライブ、俺たちと最高のスタートを切ろうぜ!!」。みくの言葉を合図にヘヴィな音のウネリが炸裂。『We Can Do It!』を通し、会場中の人たちの身体が揺れ出した。サビでは誰もが拳を振り上げ、思いきり飛び跳ねていく。夢中で騒いでこそアンティック-珈琲店-らしいライブじゃないか!!「もっともっとアクセル踏み込んでかっ飛ばしていこうぜ」。熱狂に拍車をかけるように熱い銃弾を発射。『メープルガンマン』を通し作りあげた、高揚一体化した風景。キーボードのゆうきが前へ飛び出し煽れば、アンティック-珈琲店-公認ゆるキャラの”ニャッピー”も騒ぎに参加した『NYAPPY in the world4』。走り出した熱狂はもう誰にも、雨にも止められない!!

「自分が変われば世界は変わると思います」(みく)の声に続いて胸に届いたのが、『Bee myself Bee yourself』。優しい歌声に触れていると、心がほんのり温かくなってゆく。先ほどまでの悪天候が嘘のように雨も小雨に。でも、メロウなバラード『YOU』を歌い奏で、今度は、カフェっ仔たちの心をアンティック-珈琲店-は泣き濡らしてくれた。

後半へ向かうにつれ、ふたたび雨足が強さを増してゆく。降りしきる雨の中、『アメージングブルー』に合わせ、場内中に無数のアメイジング(ハンド)ライトが青く光りだした。暮れてゆく風景の中、揺れる輝きは星のような美しさを場内に描き出していた。「もっともっと大きな景色をみんなに見せていきたいです」。みくの嬉しい発言に続き、『メリメイキング』を演奏。♪ラララ♪の大合唱も響き渡る中、カフェっ仔たちが満面の笑顔で飛び跳ねてゆく。なんて気持ちへ幸せ注いでくれる歌と風景なんだ。

「お前ら暴れに来たんだろう!!」。終盤の熱狂を彩るように轟き出した『イタイ女~NO PAIN, NO LOVE? JAPAIN GIRLS in LOVE~』。誰もが拳を振り上げ、躍動的な演奏へ熱を持って挑みかかってゆく。「たくさんの人たちの夢や未来が詰まっている歌です」。高ぶった熱狂の中へ飛び込むように奏でた『千年DIVE !!!!!』。火のついた勢いは誰にも止められない。『モウソウモモウソロソロ』が作り上げた暴れ祭りな風景。最後はメンバーとカフェっ仔たちとの絆を強く感じさせる『スマイル一番イイ♀~2015ver.~』だ。誰もが最上級の笑顔を浮かべ、思いきり手を振り、大きな花を咲かせながら、最高にいい♀(ビーナス)として熱狂の中で輝いていた。

アンコール前に、ふたたび雨の勢いが増しだした。土砂降りの中で届けたのが、アンティック-珈琲店-流ウェデングソングであり、ファンたちへの感謝の想いも込めたバラート『世界にたった一つの温もり』だ。ずぶ濡れの花嫁たちの胸の内へ、その歌は、心を抱きしめてゆく温かな歌として響いてきた。むしろ、身体以上に心が嬉し涙で濡れてゆく気分だ。「みんなとの絆は誰にも負けないと思います。もっともっと絆をぶっ太くしたいんだよ」。みくの言葉を合図に『BondS~絆~』を演奏。土砂降りにも負けぬ想いを互いにぶつけあうことで感じた、確かな繋がり。

最後に、ニャッピーも舞台上へ登場。再びメジャーデビューシングルの『千年DIVE!!!!!』を演奏。誰もがタオルを振りまわし、降りしきる雨さえぶっ飛ばす熱狂へダイブしながら、この日を忘れられない思い出として、心に、身体へと刻み込んでいった。「俺たちの夏が終わったね。これが俺にとっての確かな軌跡。たった一つの温もりだと思いました」(輝喜)。この日の模様はDVD DISCとして発売になることも決定した。

PHOTO:宮脇 進
TEXT:長澤智典

ANCAFESTA’15 SUMMER DIVE
<セットリスト>
『SUMMER DIVE』
『覚醒ヒロイズム~THE HERO WITHOUT A NAME~』
『狼MAN~Let’s make precious love~』
『We Can Do It!』
『メープルガンマン』
『NYAPPY in the world4』
『Bee myself Bee yourself』
『YOU』
『アメージングブルー』
『メリメイキング』
『イタイ女~NO PAIN, NO LOVE? JAPAIN GIRLS in LOVE~』
『千年DIVE !!!!!』
『モウソウモモウソロソロ』
『スマイル一番イイ♀~2015ver.~』

『世界にたった一つの温もり』
『BondS~絆~』
『千年DIVE !!!!!』

関連リンク

アンティック-珈琲店- official website:http://www.ancafe-web.com
アンティック-珈琲店- Facebook:http://www.facebook.com/ancafehonmono

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP