体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年は米子へ。SFファンダムの夏の祭典『日本SF大会』~第54回大会と星雲賞を振り返る~

みなさんにとって夏の祭典といったらやはりコミックマーケット(コミケ)といったところでしょうか。
このコミケの原点ともいえるもうひとつのファンダムの祭典があるのをご存じですか?

その名は『日本SF大会』。今年は8月29日(土)と30日(日)の2日間、鳥取県米子市の米子コンベンションセンター ビッグシップと、隣接する米子市文化ホールを会場に開催されました。

【関連:「エヴァ」の貞本義行さん降臨!「周南萌えサミット2013」完全レポート】

米魂(こめこん)

日本SF大会は、1962年に始まり、今日まで毎年開催されているSFファンが一堂に会する祭典であり、作家や専門家とファンの交流イベントです。要するに、今年で54年を迎えます。

ファンの有志が、SFファンダムの連絡団体である日本SFファングループ連合会議に立候補と承認を得て開催されるもので、参加者の有志が非営利で運営を行い、開催地や開催方式、日程も毎年異なります。また、正式名称は『第○回日本SF大会』ですが、開催地の名称をモチーフに愛称が付けられ、今年は『米魂(こめこん)』と称されています。

開催方式も温泉地等で夜通し開催される合宿型(リゾート型)と、日中のみ開催の都市型があり、今年は都市型での開催。
実は筆者自身もほぼ毎年参加する参加者のひとりで、本格的に参加するようになったのは2005年の第44回日本SF大会『HAMACON2』から。今年でちょうど10年になり、注目される企画やマスカレード(コスプレ)をする参加者のひとりでもあります。

SF大会は、さまざまなテーマを扱う活動が複数の部屋で平行して行われる「分科会形式」で行われ、(SF作家や翻訳家、書評家などによる)パネルディスカッション、講座、朗読会、研究発表、パーティー、ゲーム、上映会、カラオケ、ダンスなど、SFに関するさまざまな内容がさまざまな形式で行われます。これらの活動は「企画」と呼ばれ大会の花。興味のある内容や好きな作家や専門家の企画を選んで参加していきます。大会にもよりますが同じ時間帯に20以上の企画が行われることも。
また、同人誌やフィギュア等を扱うディーラーズルーム(コミケの島をイメージするとわかりやすい)や、アーティストによるライブ・ペインティングなどが期間中を通じて実施されます。

企画ではもちろんのこと、会場内ではSF界の第一線で活躍する先生が他の参加者と同じように歩き、多くの方とフランクに話ができるほど和やかな場。
サインについては会場内で自由にお願いすることはできませんが、時間帯を設けてサイン会の場があり好きな先生と交流することができます。

開会に先立ち成功祈願

開会に先立ち成功祈願

人気企画手作りプラネタリウムと3D映像

人気企画手作りプラネタリウムと3D映像

星雲賞受賞・藤井太洋氏によるライブ・ライティング

星雲賞受賞・藤井太洋氏によるライブ・ライティング

加藤直之氏による宇宙戦艦ヤマト2199

加藤直之氏による宇宙戦艦ヤマト2199

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy