体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀江貴文被告緊急記者会見(2) 「マスコミの歪んだ正義感で犯罪者にされる」

horie_zenbun2.JPG

 最高裁から上告を棄却されたことで近く収監される見通しとなった堀江貴文被告は2011年4月26日17時から、都内で自由報道協会の主催により開かれた記者会見に出席。証券取引法違反の罪に問われた「ライブドア事件」で無罪を主張し、検察との『徹底抗戦』を続けてきたことを振り返り、「起訴もされていない時点から完全に犯罪者扱いだった。マスコミのある意味歪んだ正義感で、犯罪者じゃない人を犯罪者にしてしまうことがある」と語った。

堀江貴文被告緊急記者会見(1) 「ゆっくり刑務所の中で本でも読みたい」

 以下、本記者会見全文。

ジャーナリスト・岩上安身氏
 堀江氏の事件が起こった当時、検察の正義・無謬性、裁判所の無謬性は疑われていなかったのではないかと思う。しかしこの数年のあいだ、立て続けに検察の捜査というのは、もしかするととんでもないものではないか思わせる事件、事案が起こった。小沢氏の事件、村木事件、前田検事の事件。この一連の事件を経て、検察は改革をすると言っている。

 こうしたなりゆきをみて、どこに検察の問題はあったのか。今の検察の改革のあり方に、不十分な点はないのか。また、検察と一体になって動く司法記者クラブというマスコミの動き方、一方的な集中報道のあり方、こうしたことに問題点はなかったのか。数年前のライブドア事件のときに語りつくせなかった思いがあるのではないかと思う。検察、裁判所、マスコミにこれらに対して今の思いのたけを聞かせてほしい。

堀江貴文氏(以下、堀江氏):
 私も恥ずかしながら検察というものを、検察があることは知っていたが、自分が捕まるまでは具体的にどんなものか知らなかった。それから検察を勉強するようになって、日本でも有数の「検察マニア」になっていると思う。調べれば調べるほどこの仕組みの怖さを感じた。

 なんという本か忘れたが、検察とマスコミの関係を書いた本があった。それを読んだら、すごくまともで正義感のある記者の人たちが、検察に厳しい目を向けている記者が危ないと書いてあった。なぜなら、深い部分で検察官と繋がってしまうからだと。まさに僕はその通りだと思った。検察官も人間だから、不条理であったり、不合理な動き方をする人間や、罪を犯す人間が検察の中にもいる。村木氏の事件でそのことは露呈したが、あの頃、最高検が現役の検察官全員にとったアンケートで、26%の検察官が被疑者・被告人の供述に反して調書をとったことがあると答えたベタ記事を見た。僕は「やっぱりな」と思った。自分もそういった調書を取られそうになったし、自分の周りにもそういった人たちがたくさんいた。

 元外務省の佐藤優氏の「憂国のラスプーチン」という本にも書かれている。ああいった形で協力者を見つけて、協力者が落ちることでターゲットとなる。ライブドア事件の場合は私だが、私を首謀者に祭り上げたいという思いはすごく伝わってきた。ただ、残念ながらその当時、僕は全く知識がなく、そういったことに対してただ「違う」、「無罪です」と言うことしかできなかった。なので、すでに手遅れだが、こうなってみて思うのは、これから同じような目に遭う人たちが出てこないことを祈るばかりだ。そのためには、検察官は正義の人であり、絶対に嘘はつかないし、間違ったことはしないという無謬性。これを信じないで欲しい。

 しかも、今これは日本だけでなく世界でもそうだが、三権分立の埒外にあり、三権分立から事実上独立している検察というモンスターに対して、全く押さえがきいてないような状態にある。日本は特に深刻で、いつ何時皆の前に検察官が現れて、捕まえられるかわからない。特に目立ったりするとその危険性は高まる。あるいは、新しいこと、皆を良くしようと思って新しいことにチャレンジしようとしても危ない。保守の枠を飛び越えて新しいことをする人たちを潰す。検察の人たちは、もともとそういう人たち。そういったことに対しては皆厳しい目を見せた方が良いのではないのかと思う。

 実際のところ検察官の人達は僕たちが絶対見ることのできない証拠を持って、それをひた隠しにすることもできる。強制捜査権というものあるが、強制捜査権というのは非常に強い権限。本当に人のプライベートを全て調べて、都合が良いように解釈をしてストーリーを作ることができる。それを隠すこともできる。調べて突き止め、ピンポイントでこの書類って言わないと出してくれない。実際私は事件の過程で、部下が横領行為をしていた証拠を発見したが、本当に偶然発見できたようなもので、弁護士の力がそこの部分に関してはすごく強かったということで発見できた。これがもし発見できなかったら、僕はもっと厳しい刑に処せられていたのかもしれないと思うとゾッとする。逆に言うと2年6ヶ月ぐらいで済んだ。これだけ検察に楯突いて、ガリガリにやりあって、2年6ヶ月で済むというのはもしかしたら幸せなことなのかもしれない。しかしながら、これから2年6ヶ月(刑務所に)入るわけだが、その中でも言うべきことは言おうと思う。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。