ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんと総勢97名!江戸時代の大相撲力士を紹介した浮世絵「大日本大相撲勇力関取鏡」が見応えアリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

江戸時代の初期から幕末にかけて活躍していた大相撲の力士を紹介した「大日本大相撲勇力関取鏡」という浮世絵を紹介します。

この「大日本大相撲勇力関取鏡(だいにほんおおずもうゆうりきせきとりかがみ)」は幕末〜明治の浮世絵師 2代目 歌川国輝によるもの。二代目 国輝は三代目 歌川豊国の門人で、役者絵や明治期の文明開化の様子を描いた開化絵を得意としていたようです。

ひしめき具合がハンパなし!この浮世絵は6枚続きからなる作品。

複数枚に切り出してみました。

作品の中には活躍した力士の姿とともに名前が掲載されています。私は雷電しかわかりませんでした…。そして力士の身長も記載されているのですが、6尺3寸(190cm)や6尺2寸(187cm)級の力士がわんさかいます。当時そんなに高身長の日本人ていたのですかね?少し盛ってる?

力士の似顔絵がどれほど似ているのか今では知る由もありませんが、これだけ大勢の力士絵が一堂に会すと見応え十分で時間を忘れて見入ってしまいます。

画像は江戸・東京デジタルミュージアムより

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

葛飾北斎のスケッチ「北斎漫画」展が渋谷ヒカリエにやってきた
粋でイナセな江戸の花! 金沢で今も受け継がれる加賀鳶(かがとび)の伝統と技
型破りな絵師 歌川国芳!クールで愉快な国芳ワールド炸裂「浮世絵師 歌川国芳展」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP