ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tokyo Street Photography

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Tokyo is a photographer’s city.
The people and places of this city add character to the living mural of the streets. The narrow winding alleyways of Tokyo funnel people through the old and the new; the multiple layers of the city create shape and pattern that is distinctively Tokyo. The mixture of light, fashion, dirt, and concrete creates a complex visual form that inspires me.

I have always had an interest in photography, but it was not until I came to Tokyo that I discovered my passion for shooting the streets.

 
東京は写真家の都市だと僕は思う。
その街並みや人々には、生きた壁画みたいな印象を受けるよ。東京の狭い曲がりくねった路地裏は、古いからこそ、今となっては新しい気がする。何層もあるような街のつくりが、東京の独特な「らしさ」を作っているんだろうね。光、ファッション、汚れ、そしてコンクリートが混ざり合い、その複雑さが僕を魅了してくれる。

僕自身ずっと写真に興味はあったんだけど、東京に来るまでは、街の写真を撮ることに夢中になるなんて思わなかったよ。

 

Reviewing some shots over a coffee somewhere in Ebisu.

 
(日本で最初に撮った写真を、恵比寿にある喫茶店で見返しているときの写真)

When I first started shooting in Japan

The first camera that I shot Tokyo with was a Fujifilm X100S rangefinder-style digital that I bought at Yodobashi Camera in early 2013. I used it extensively but I found that at the time the fixed 35mm lens was too short for what I was comfortable shooting. With the 35mm you really need to be within 2 meters of your subject. The result was that I ended up shooting from the hip too much resulting in a symptomatic ‘fly-by’ look to a lot of my photographs.

 
僕がはじめて東京を撮ったのは、フィジフィルム X100Sというレンジファインダーのデジタルカメラ。2013年にヨドバシカメラで買ったんだ。
最初は広範囲で使っていたけど、35mmのレンズだと僕が撮りたいイメージに対して短すぎるということに気がついた。35mmのレンズでは、対象から2メートル以内にいないといけない。そうすると“fly-by”な写真になることが多くて、撮影をやめてしまったんだ。

 
I kept the X100S but I started shooting film after spending time with the university photography club who almost exclusively shot with exotic cameras in various calibers. If you did not know already, film is huge in Japan. In Tokyo it is easy to come across not just 35mm negative film, but 120mm film, slide film, fast-ISO stock, and all manner of specialist gear. Developing film is not too expensive either, and second-hand cameras are plentiful and often in excellent condition.

 
X100Sは手元に残しておいたんだけど、珍しいカメラやレンズを豊富に備えていた大学の写真部で過ごしてからは、フィルムでの撮影を始めたよ。
あなたももう知っているかもしれないけど、日本のフィルム市場は大きい。東京では35mmのネガフィルムだけでなく、120mmのものや、リバーサルフィルム、“fast-ISO”のものなど、あらゆる種類の専門的な道具が揃っている。フィルムの現像も高すぎないし、中古のカメラもたくさんあって状態が良いことも多いんだ。

 

DYGL in Shibuya

 
DYGL、渋谷にて

 
I bought my first film camera – a second-hand Canon AE-1 at Osawa camera in Ebisu and started shooting. Right away the 50mm lens gave me a bit more room to open up and learn the ropes in the 3-5m range. It was over 10 years since I had shot with film. Indeed waiting for the prints to be developed at Popeye camera in Jiyugaoka was a quaint experience.

 
はじめて買ったフィルムカメラは、CanonのAE-1。恵比寿にある中古カメラ屋の「大沢カメラ」で買ったよ。
50mmのレンズでは撮影できる範囲が少し増え、3-5mmの範囲のコツも学べた。フィルムでの撮影は10年以上前からしているけど、自由が丘の「ポパイカメラ」で現像を待っている時間は、風変わりでおもしろい経験だったな。

 

Rainy day in Shibuya

 
雨の日の渋谷

 
As it happens I slowly got drawn into the world of film and black & white photography. I started leaving the X100S at home and shooting only film. I started studying the history and works of various Japanese photographers and others before me who had photographed the city. I made sure not to become too wallowed in the theory by getting out and shooting as often as possible.

 
それから、僕は次第にフィルムや白黒写真の世界に引き込まれていった。
X100Sは自宅に残して、フィルムでの撮影のみをするようになったんだ。日本の写真家や、街を撮影している写真家の歴史と作品を学んだよ。理論に埋もれないようにして、できる限り撮影に出かけた。

 
Along the way my interest has always been focused on the living project of the city. I am interested in Guy Debord’s work on Dérive, the idea of seeking a new understanding of the city through wandering and urban exploration. I would walk up to fifteen kilometers in a day, wandering through the streets of Tokyo in search of new angles and new views.

 
こうした活動の中、僕の関心はいつも街の生活にあった。
Guy Debord氏によるDériveという作品が特に惹かれるね。これは、放浪や探索を通じて街の理解を深めるという考えのもと行われている。
僕も新しい視点や景色を探すために、1日15キロぐらい東京の街をさまよわなきゃね。

 

Shadows in the night

 
夜の影

 
One of the things I think about when shooting the city is to avoid the trap of museumification of places, that is, I ask myself “am I shooting to capture a human moment here, or am I shooting for the sake of shooting?” From time to time I shoot interesting buildings or scenery with my iPhone, however I feel that shooting for the sake of documenting, drawing a cross in the sand and saying "I was here" is not true to the kind of photographs I want to create.

 
都市を撮影するなかで意識していることは、場所を博物館のようにしないことだ。
「僕は人間の瞬間を撮っているのか、それとも撮るために撮っているのか」と自問自答してるよ。
時々、気に入った建物や景色をiPhoneで撮影するんだけど、砂に十字を書いて「I was here」と言っているような、ただの記録は撮りたくないんだ。

 

Okachimachi shot with an iPhone

 
iPhoneによる撮影、御徒町にて

Conclusion

Currently I shoot with a Pentax Super A 35mm. I find the Pentax is more solid than the Canon AE-1 and the grip is just right for strapless and one-handed shooting. My current choice of film stock is Fujifilm Neopan ACROS 100ISO black & white. I also use a Canon flash on the hot shoe for nighttime shooting.

 
今はペンタックスのSuper A 35mmで撮影しているよ。
ペンタックスはCanonのAE-1よりもソリッドだし、ストラップレスで片手での撮影に向いてるんだ。フィルムは、Fujifilm Neopan ACROS 100ISOの白黒。夜の撮影では、アクセサリーシューにCanonのフラッシュをつけているよ。

 

Fujifilm ACROS 100 black & white film stock

 
Fujifilm ACROS 100 白黒フィルムストック

 
People ask me why I shoot. The answer is simply curiosity, a curiosity with the city, this impossible conglomeration of individuals.

Photographs and words by
Cody Rapley

 
時々、なんで写真を撮るのか聞かれるんだ。答えは、単なる好奇心だよ。街と、とても信じられないような、個々の集合体への好奇心がその答えだ。

写真・文章:コーディ・ラプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。