ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

訪中ドタキャン安倍首相 抗日戦争記念館の訪問検討していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相は就任以来、側近官僚たちと進めた看板政策の一つが、「地球儀外交」だった。中国、ロシア、北朝鮮などとの長年の懸案を解決に向けて動かすと意気込んでいたが、側近たちのチームワークは崩壊し、決して芳しい成果をあげられているとはいえない。

 そこで本誌は伝統企画・覆面官僚座談会を緊急招集した。出席者の財務省中堅A氏、経産省中堅B氏、外務省若手C氏、文科省若手D氏に安倍政権の外交について語り合ってもらった。

──対中外交では、安倍首相は9月3日に北京で行なわれた「抗日戦争勝利70年記念式典」に合わせて計画されていた中国訪問をドタキャン。その経緯はあまりに不自然だった。中国は今年から9月3日を「抗日戦争勝利記念日」として祝日に決め、軍事パレードなど記念行事を行なうことにした。そして安倍首相を招待してきた。当初、首相は訪中しないという見方が強かったが、戦後70年談話を出した後、首相はその気になっていた。

 毎日新聞(8月18日付)が〈首脳会談へ 9月3日午後訪中 中国側と最終調整〉と、軍事パレードが終わった後に北京に入るという日程を報じ、首相側近の萩生田光一・総裁特別補佐も「この時期に北京を訪問できるなら結構なことだ。(訪中は)式典とは切り離したほうがよい」と訪中ありうるとの見通しを語っていた。

文科D:中国が「日本に勝った」と祝っているときに総理が訪中するのは、“飛んで火に入る夏の虫”になるリスクがあったのではないでしょうか。タカ派の安倍総理がなぜ、そんな時期の訪中に傾いたのか疑問でした。

財務A:その根回しに動いたのが親中派の二階俊博・自民党総務会長と官邸の今井尚哉・総理首席秘書官(経産省出身)ライン。官邸は事前の交渉に首相ブレーンで外務省出身の谷内正太郎・国家安全保障局長を訪中させ、中国側は李克強・首相との面会をセットする演出までして総理を誘い出そうとした。今井さんの背後には中国との関係改善に積極的な経済界、その意を受けた経産省の思惑があった。そうでしょう、Bさん。

経産B:うちが中国と通じているような言い方は心外。総理ご自身が日中首脳会談に前向きになっていた。しかし、その訪中に強硬に反対したのが斎木昭隆・外務事務次官だ。

外務C:当然です。官邸の一部では、総理が訪中する際に盧溝橋(抗日戦争記念館)まで足を延ばすことまで検討されていた。この7月から新たに反日展示を集めた企画展までやっている場所じゃないですか。

──安倍首相が本気でそこまで考えていたのか。

外務C:本気でそれをやらせようとした人がいる。親中派は喝采を送るかもしれないが、状況次第では中国側に利用されるか、逆に反発を招くか、外交的リスクが大きすぎる。

 中国が祝賀式典で軍事力を誇示する意図があったのは明らかで、米、英、仏、独など西側の首脳は出席を断わった。だから斎木次官は「戦勝記念日の訪中は米国が納得しない」と身を挺して安倍総理に訪中を思いとどまらせた。その行為は評価されるべきです。

経産B:そもそも外務省が何の外交成果もあげないから、官邸で総理を支える今井さんとしては、電撃訪中をセットして支持率挽回の機会をつくらなければならなかったのではないか。

●司会・レポート/武冨薫(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2015年9月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安部首相ウェブマガジンから44本の記事を厳選・再録した本
細川護熙氏 都知事就任したら訪中で習近平氏と会談の意欲説も
対中外交 強気な安倍氏も本気で構えたら大変との指摘出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP